チャクラについて

人間とエネルギーの関係

自然界(地球)に存在するものはすべてが四大元素で出来ていると言われています。
四大元素=地水火風のエネルギー

私たちの肉体も、四大のエネルギーが物質化したものと考えます。

では…
私たちは肉体という物質にすぎないのでしょうか?
机や家具や洋服などと同じただの物質なのでしょうか?

違いますよね。
私たち人間には「命」という目に見えないものがあって人間として生きています。

五芒星は人間を表すシンボルであると言われています。

四大元素で出来た物質である肉体に、スピリットが宿った存在が人間。
スピリットが宿っている(命が働いている)のが人間。
私たち人間というのは、ただの物質ではないスピリットという目に見えない何かが宿っている存在なのです。

ソウルボディと7つのチャクラ

では、チャクラとは一体人間のどの部分に属するのでしょうか?
当スクールでは人間を、肉体・ソウルボディ(魂)・スピリットという3部構成で成り立っていると考えます。

このソウルボディにあたるのが、チャクラやオーラといった私たちのエネルギーの身体。
ヨガでも、私たちの身体は目に見える肉体と目に見えない霊体で成り立っていると言われており、この霊体というのがエネルギー体であり、これをソウルボディと呼びます。

ソウルボディは肉体とスピリットを繋ぐ仲介役のようなものであり、ソウルボディのエネルギーの出入り口となるのがチャクラです。

スピリットが純粋な宇宙意識の一部とするなら、ソウルボディは私たちが人間として生きるための動力となっているもの。
命ある生きた人間は、本人が意識せずとも心臓は動き、細胞が活動し、神経システムが働き、脳(思考や感情など)が機能しています。
このように生命を動かしているエネルギー。
これがソウルボディ(魂=エネルギー体)であると考えます。

そのソウルボディの機能を司っているのが主要な7つのチャクラ。

7つのチャクラは各々に肉体(内臓や内分泌腺など)や感覚,感情,思考など私たちを人間たらしめている様々なものと関連しており、チャクラの機能状態とソウルボディのエネルギー状態が人間としての自分自身を創っているとみることができるのです。

例えば、腸の働きをイメージしてみましょう。
腸が正常に活動していれば、身体にとって必要な栄養を吸収し、不要なものは便としてスムーズに排泄され健康な状態を維持することができます。
もし腸の機能が活発すぎたり不活発だと、必要な栄養を吸収できないまま排泄してしまったり、また不要なものは体内に蓄積されたまま毒となり病気の原因にもなりかねません。

チャクラもこれと同じ。
チャクラが正常に機能していれば、自分にとって必要/不必要なエネルギーをスムーズに受信/吸収/送信/放出することができるのですが、チャクラが未発達であったり、チャクラに機能不全があると、エネルギーがスムーズに出入りせず、エネルギーの過剰や不足といったアンバランスによって各チャクラに関連している肉体や精神に問題が起きやすくなってしまうのです。

このチャクラの機能とチャクラに関連している私たちの肉体や精神というものへの理解を深めることによって、自分自身の人生の問題を引き起こしている原因やクリアするべき課題を知ることができます。
そして、各チャクラをバランス・発達させる取り組みを行うことによって、人生をより幸福で豊かなものに出来る自分へと成長・成熟してゆくことができるのですね。

また、チャクラのエネルギーというのは未発達や機能不全でなくとも、環境や状況によって一時的にアンバランスになってしまう事も珍しくありません。
そういった際にも、チャクラのエネルギーをバランスさせる手法を自分自身をコントロールする手段として用いることもできます。

チャクラをヒーリングするとは

チャクラをヒーリングするとは一体どういうことなのでしょうか?
簡潔に表すと「チャクラの働きを整える」こと。

当スクールのチャクラヒーリングは天然石を使用したヒーリング法です。
天然石もそれぞれに独自の周波数を持っており、各チャクラのエネルギーに共鳴する対応した天然石があります。

ヒーリング(Healing)を和訳すると「癒す」「回復する」など…という意味になります。
「回復する」=元の状態に戻す

チャクラはエネルギーの出入り口であり、常に必要/不必要なエネルギーを受信/吸収/送信/放出しています。
ですが、チャクラが未発達またはうまく機能していないと、エネルギーの過剰や不足というアンバランスが起きてしまいます。

チャクラをヒーリングするとは、チャクラの働きを整えること。
不活発なチャクラはヒーリングによって活発にする。
活発すぎるチャクラはヒーリングによって落ち着かせる。
このようにチャクラの働きを整えることで不足していたエネルギーを取り込むことができ、また過剰になっていたエネルギーを放出することでソウルボディをバランスの取れた元のあるべき状態に戻す。

これがヒーリングを行うことで起こる作用であると考えます。
但し、ヒーリングで得られるものはあくまでも一時的なものであり、ヒーリングによってチャクラを発達させたり機能不全を真に改善することはなかなか困難であるとも言えます。

例えば、ジャンクフードばかり食べている人が体調が良くないからと断食道場に通ったところでスッキリするのは一瞬で、その後は自分自身で食習慣を変えなければ真に健康な身体を手に入れることはできませんよね。

それと同じように、やはりチャクラを発達させ人生をより幸福で豊かなものにするのは自分自身の日常における物事に対する取り組み方の習慣であるため、当スクールの講座では、エネルギーヒーリングによるアプローチだけではなく、実生活において実践できる身体や心の側面からのアプローチもお伝えしています。

ヒーリングはあくまでもサポートツールにすぎません。
ですが、ヒーリングについて正しい理解を持ち、正しく利用することができれば、私たちが夢を叶えたり、人生をより幸福で豊かなものにするために大いに役立てることもできると考えています。

7つのチャクラを活用し本当の自分に目覚める

本来私たちは人間として生まれ、幼少期から適切な愛を受け取り必要な経験をし成長を遂げてゆくことができれば、チャクラは自ずと適切に発達してゆきます。
但し、幼少期の家庭環境や生活環境の問題などにより適切な愛を受け取ることが出来なかったり、また人間としての成長過程において大きなショックを受けるような出来事やトラウマとなるような体験、親や学校,社会の文化・教育・環境の影響など…様々なことが原因となり、チャクラが未発達のままである、もしくは心身のアンバランスが長期に渡りチャクラが機能不全な状態に陥ってしまったことによって、ネガティブな自分自身を創り出してしまい、歳を重ねれば重ねるほどにそれらは肉体や精神に顕著に現れてきます。
また、チャクラのエネルギーは心身ともに健康な人であっても環境/状況の変化や周囲の影響によっても一時的にバランスを崩すことがあります。

チャクラの未発達/機能不全もしくはエネルギーバランスの乱れによって起きると言われている悪作用の一例は以下の通り。

    • 第1チャクラ…不安
    • 第2チャクラ…罪悪感
    • 第3チャクラ…自己否定
    • 第4チャクラ…悲痛
    • 第5チャクラ…嘘
    • 第6チャクラ…幻覚
    • 第7チャクラ…執着

私たちの人生を幸福で豊かなものにする邪魔をしているのが、この悪作用です。
これらは私たちの真実ではなく、チャクラの悪作用によって起こっているだけのこと。

7つのチャクラを発達させ正常に機能させることによって、私たちはこれらの悪作用から解放され、自らの手で真に幸福で豊かな人生を創造することができるようになると考え、そのような自分自身に成長・成熟することを当スクールでは「本当の自分に目覚める」と表現しております。

 

チャクラについて本格的に学びたい方は、是非「チャクラ基礎講座」をご受講ください。