「支配」からの解放と「自立」~5次元世界の生き方を学ぶ~

前回の記事で、魚座の時代と水瓶座の時代のエネルギーの性質についてお話しさせていただきました。

魚座の時代と水瓶座の時代の違い②~5次元世界の生き方を学ぶ~
古代ヴェーダ占星術では、私たちが産まれてきた「今」というこの時代は約2000年続いた魚座の時代から水瓶座の時代の転換点であると言われています。 20世紀までの旧時代において地球はとても物質的に豊かな世界へと発展を遂げました。 しかし、2...

20世紀までの魚座の時代というのは「支配」によってこの世界が成り立っていたのです。
日本という国の在り方を見てもわかりますよね。
国は国民を支配してきました。
組織のトップが下にいる人間を支配してきました。
権力のある者が、その他の者を支配してきました。
権力を持つものが、それ以外の者から搾取してきました。
人間が自然を支配し環境を破壊してきました。
男性が女性を支配してきました。
親が子供を支配してきました。

上か下か。偉いか偉くないか。お金があるかないか。力があるかないか。
正反対のものを分離させ対立させる。

これが古い時代の在り方でした。

「支配」は「依存」を生み出します。
支配されている側だけが依存しているわけではありません。
支配している側も結局は依存しています。
国は国民に依存し、国民は国に依存してきました。
搾取され続けた国民が精神的にも肉体的にも限界に達した今、支えを失った国が崩壊していっています。
企業にも同じことが起こっていますね。
男女間にも同じことが起こっています。
男性が女性に依存し女性が男性に依存してきた結果、互いに疲弊しきっています。
これが共依存の生みだした結果なのです。

 

「こうするべきだ」「こうであらねばならない」
これらの右へ倣えの思考は、支配的な社会が生みだした価値観に過ぎません。
私はこれを支配的マインドと呼びます。
特に日本という国は、右へ倣え思想の教育によって国民をある意味洗脳してきたと言えるでしょう。
それによって、日本人はとても依存的な体質を知らず知らずのうちに身につけてきてしまったのです。

現代人は特に第1チャクラが弱い人が多く、全体的に生命エネルギーが低下している傾向が見受けられます。
「依存」は第1チャクラをアンバランスにしエネルギーを弱らせてしまうからです。ツインレイ女性や5次元世界へと向かう方々に、「自立」やグラウディング力を高めることが課題として与えられているのは、「依存」によって弱り切ってしまっている「第1チャクラ」の本来のパワーを目覚めさせるため。

「生きる」という原点に還り、第1チャクラの本来のパワーを取り戻すことによって、第7チャクラで高次の意識から受け取ったものを現実化すること(=自己実現)が可能になります。

私が「現実に役立たないスピリチュアルはただの妄想でしかない」と言っているのは、現実化させることのできないものは妄想でしかなく、妄想に留まるというのは第1チャクラと第7チャクラのシステムエラーによって起こることだからです。
(※第1チャクラと第7チャクラは対になっていることから、真のスピリチュアリティは現実世界と同時に在ることが理解できます。また、第1・7チャクラだけが重要なのではなく、全てのチャクラの浄化と解放が必要であり、7つのチャクラのバランスを取り戻すことが自己統合・自己実現を叶えます。その7つのチャクラの土台となるのが第1チャクラなのです。)

水瓶座の時代における「統合」は、天と地の統合でもあり、これまで分離していた精神世界と現実(物質)世界を繋ぎ合わせることも意味します。
昔のように霊的覚醒と世俗社会を切り離して考えるのではなく、霊的覚醒と現実社会で生きることの両立が可能な時代に突入したことを「令和」になり特に強く感じています。
私がライトワークは決してスピリチュアルを扱う仕事とは限らないと言っているのが、それに当たります。
だからこそ、霊的覚醒を目指し自己統合/自己実現へと向かう人がより一層増えているのでしょうね。
これを一般的なわかりやすい言葉にすると、「ありのままの私で好きなことで好きなように生きていく」という表現になるわけです。

 

支配から解放され自由を獲得するには、必然的にこれまでの「依存体質」を脱却しなければなりません。
これはツインレイ女性やスピリチュアルな世界で生きている人に限らず、今すべての日本国民に与えられている課題です。
これまでの国の在り方が崩壊していっている今、私たちは「生きる」ということについて見直さざるを得ない状況に置かれているのですから。
ツインレイがただの浮ついた恋愛ではないというのは、こういった「今」という時代や社会の流れと強く関わっているからです。
5次元シフトは決して妄想の世界ではなく現実社会とリンクしていること。
「その視点が持てているのかどうか?」ということも、この先スピリチュアルを学び伝える上でとても重要なことであると私は考えています。

5次元世界へと向かう人に必要なのは「支配」から解放されるための「自立」です。
こう説明すると、この「自立」の意味するところが決して「経済的な自立」に限らず、また「自立=ひとりで生きていかなければいけないのではない」ということがご理解いただけるのではないでしょうか?

そのため、エネルギーで観ると同じ第1チャクラのシステムエラー(エネルギー欠乏,過剰)を抱えていたとしても、現実において一体どういう部分で「自立」が必要なのか?は人によって様々であり、それによって5次元シフトやツインレイと統合するためにクリアすべき課題も人によって異なるのです。

 

私たちは今、魚座の時代の支配的なエネルギーから水瓶座の時代の調和・統合のエネルギーへと変化するその過程に皆がいるのだということ。
その宇宙全体のエネルギーの流れと共に人間も社会も変化している。
だからじわじわと、準備のできた人から順番に5次元世界へと移行している。
あなたが「今」体験していることも、全ては大いなる宇宙の流れの一部であり、変化が起きているのはあなた一人だけではないのだということ。
全てはより良き方向へ向かっているのだということを知っていていただけると幸いです。

今私たちが向かっているのは、過去に誰も経験したことのない新しい世界なのです。

∞LOVE∞
YUKA