そもそも何のためにスピリチュアルは存在するのか?

私にとって「スピリチュアル」とは学びです。

なぜ私がここで今一度、基本の基本に戻ってスピリチュアルというものを皆さんにお伝えしたいと思ったのか?
それは、この10年間の間にあまりにも「スピリチュアル」というものの概念が多様化してしまい、本質を見失っているような気がしてならないからです。

スピリチュアルはなぜ怪しまれるのでしょうか?
それは、スピリチュアルの本質が伝わっていないからです。

こちらの記事でお伝えしたように、
「私たち人間は皆、肉体にスピリットが宿ったスピリチュアルな存在である」

これがスピリチュアルの本質です。

そして、
「じゃあスピリットが宿ったスピリチュアルな私とはどんな存在なんだろう?」
それを探求していくことが、スピリチュアルの神髄であると私は考えています。

 

私が考える世間一般に広まっている「スピリチュアル」のイメージはこうです。
オーラが見える。前世が見える。
透視や人の心が読めるといった特殊な能力がある。
引き寄せの法則。願望実現の法則。
宇宙人とコンタクトをとる方法。
ヒーリング、エネルギーワーク、
パワースポット、パワーストーン、
神様、チャネリング、占星術etc…

 

もちろんそういったことに興味を抱くことが悪いわけではありません。
なにかきっかけがあって、こういうことに興味を持つわけですから。

でもね、これらはあくまでもツールに過ぎないんです。
そのツールばかりが目立って世に出回っている。
そりゃそうですよね。
だってすごく魅力的だから。
誰だって簡単に夢を叶えたいし、ラクして欲しいものを手に入れたいと思うから。
それも私たち「人間」という生き物の性質でもある。

ですが本質を知らずにツールだけに頼っていると、いつか必ずうまくいかなくなっていくんです。
なぜならツールはスピリチュアルのごくごく一部に過ぎないから。

例えていうなら、小手先のテクニックを覚えただけに過ぎないということ。
モテたくて、メイクだけ上手になって外側にばかり磨きをかけたって、最初はモテるかもしれないけれどそのうちボロが出てくる。
内面が整っていなければ、結局人間関係は続きません。
それと同じなんです。

 

そして、どうして人はそういったツールを欲しがるのか?
答えはいつも一つしかないんです。

「幸せになりたい」

いつの時代も同じです。
人間は時代が変われど根本的なところは何も変わりません。
昭和であろうが、平成であろうが、令和になろうが変わりません。

じゃあ、その万人が求める「幸せ」のために用意されているスピリチュアルが、なぜ怪しまれるのか?
それは、スピリチュアルの本質を理解していないからです。

どうして幸せを求めて足を踏み入れたスピリチュアルを嫌いになるのか?
それは、スピリチュアルの本質を理解していないからです。

どうしてスピリチュアルに傷付く人が出てくるのか?
それは、スピリチュアルの本質を理解していないからです。

どうしてスピリチュアルに依存する人が出てくるのか?
それは、スピリチュアルの本質を理解していないからです。

 

私は決してツールを否定しているわけではありません。
役に立つものは大いに利用するべきだし、私も様々なツールを持っているし使ってもいますから。

ただ、それによって幸せになれないのなら、そんなスピリチュアルは捨ててしまった方がいいでしょう。
私はそういった偏った上っ面だけのスピリチュアルを”3次元スピリチュアル”と勝手に呼んでいます。

私がスピリチュアルという言葉を使うことに抵抗があるのは、3次元スピリチュアルと一緒に思われたくないから。
それでもあえてスピリチュアルという言葉を使うのは、もしかしたら3次元スピリチュアルに苦しんだり傷ついたりしている人がそこから抜け出せるきっかけを私が作れるかもしれないと思っているから。

 

私が本当に本当に伝えたいのはスピリチュアルの話でもチャクラの話でもありません。
それらを通じて、「自分を知り、自分を生きる」を学んで欲しい。

「自分を知り、自分を生きる」
これこそが唯一の真の幸せへの道だから。

スピリチュアルとは本来、皆が幸せになるための実用的なものであって然るべきなのです。

 

私はただそれを伝えるために、様々な角度から様々な視点からあれやこれやと言っているだけです。
ツインレイというのもを伝えていることも、その為の1つの方法に過ぎません。
そして私は、このZuciを始めるずっと前のヨガ講師やヒーラーやカウンセラーとして活動していた時から言っていることは何も変わっていません。
伝える方法が色々変わってきただけで、伝えたいことは一切変わっていません。

私にとって「自分を知り、自分を生きる」ことほど人生で面白いことはないんですよね。
そんな話をしだしたら永遠無限にしゃべります。
私のカウンセリングは、その延長にあるものです。
自分がやってきた「自分を知り、自分を生きる」を、目の前にいるクライアントさんに置き換えるだけのことです。
だから受けてくださった方はご存知かと思いますが、私のカウンセリングは基本的に普通の会話であることがほとんどです。

 

私がスピリチュアルの道に入るきっかけとなったのがヨガです。
私のスピリチュアルのベースはヨガの教えにあります。
それらを自分の人生を生きる中で実践し、様々な経験をし、自分自身の生きるための智慧に変えてきました。
なぜ10年経っても変わらずそれを愛し、探求し続け、改めて伝えようとしているのか?
それは本質だからです。
東洋医学もアーユルヴェーダもチャクラの理論もヨガの哲学も、何千年も昔に創られたものです。
なぜそれが何千年もたった今も変わることなく受け継がれ続けているのか?
役に立つからです。必要だからです。
結局、何千年経とうが人間の本質は変わらないということなんです。

 

ここから少しの間、「ツインレイ」というキーワードからはズレますが、私がこの10年間歩んできた道のりをお伝えして行きたいと思います。
私の伝えたい「スピリチュアル」を理解していただくための、皆様が幸せであるための、なにかしらのヒントになれば幸いです。

みんなが笑顔になりますように。

∞LOVE∞
YUKA