相手を受け容れるとは決して相手に合わせることじゃない

 

「へー。あなたはそうなんだね」
これが受け容れる。
否定も肯定もしない。

「そうなんだね。」
それだけでいい。

 

あとは
「わかる!私も!」
「私はそうじゃないな。」
「私はそれって違うと思うな。」
「私だったらこうだよな。」
こんな風に、自分の気持ちには素直で正直で在ればいい。
別に相手にそれを伝えてもいいし、伝えなくてもいい。

 

その人と関わろうが、その人から離れようが、それも自由。
相手に合わせる必要もないし、この人とは合わないと思ったらスッと引けばいい。
相手を変えようとする必要もない。

一緒にいて楽しくないなら、一緒にいなくてもいい。
だって楽しくないんだもん。
仕方ないでしょ。

 

相手に問題があったとしても、それはその人の問題だし、もしあなたがアドバイスを求められて意見したとしても相手がそれを聞き入れるかどうかも相手の自由。
何を言っても聞かない人は放っておけばいいし、その人がどんな人生を歩もうとも、それもその人が選んでいること。
首を突っ込む必要も、巻き込まれる必要もないのです。

 

どう考えてもそれって違うよね・・・
もしそう思ったとしても、本人が自分で気付かない限り誰が言っても伝わらないんですよね。

 

人のことより自分のこと。

相手に対して「それって違うよね」って思うことがあるのなら、自分はそうじゃない選択をして、そうじゃない道を歩いていけばいい。
「人のふり見て我が振り直せ」
そうしていれば、自分はどんどん幸せな道を開拓していくことができるのです。

 

自分が幸せでいて、幸せをシェアしあえる人たちと楽しく過ごしていればいい。
自分が良いと思うことを受け取ってくれる人に幸せを配ればいい。
自分がご機嫌さんでいたら、それが自然と周りの人をもご機嫌さんにするのです。

 

あなたの幸せを妬む人には妬ませておけばいい。
妬まれたって、あなたには何の影響もないのだから。

嫉妬されていいし、羨ましがられていい。
嫌われたって別に平気。
あなたはあなたのお好きなように。

「だって私、幸せなんだもーん♡」
それくらいに、自分で自分のことを幸せにしてあげる。

 

ワクワクの周波数を定着させて強化すれば、他人のネガティブな影響は受けなくなります。
他人のネガティブと同じ周波数にいるから影響を受ける。

もちろん人と関わる機会が多ければ多いほど、様々な影響を受けやすくもなります。

影響を受けていると感じたら、距離をおいて深呼吸。
自分は自分の中心に戻り、ワクワクを取り戻す。
その為にも、1人になる時間ってとっても大事。

 

自分軸がしっかり出来上がると、他者と関わることも楽しくなってきます。
より良い人間関係を相手に求めるのではなく、自分から構築することが出来るようになっていきます。

その為にも、やはり何よりも
「自分」を知り、「自分」を大切にし、「自分」を満たす。

「他者」と関わるのは、その後からで良いのです。

 

本当にあなたを大切に思っている人は、あなたが笑顔でいることを望んでいます。
あなたが笑顔でいられることを願っているし、そうなることを待っています。

だからこそ、まずは自分が笑顔でいられる毎日を自分で生きてくださいね。

あなたはあなたのままで完全で完璧です。
あなたの幸せは完全に保証されています。

 

∞LOVE∞
YUKA