「女性らしさ」から「私らしさ」への脱皮

 

坊主にして抗がん剤治療による脱毛が始まり、この先治療が終わって髪が生えてきたときの参考にとベリーショートの画像を検索していたら、こんな記事を見つけました。

https://f-magazine.com/archives/7891
カーラ・デレヴィーニュ、髪を剃ったもう1つの理由を告白
映画の役作りだけではなかった!? 秘められたカーラの思いとは…?

ここ2年ほど、日本でも#坊主女子なんてタグが出てくるくらいファッションで坊主にチャレンジする女性もチラホラいるんですよね。

 

海外でもバズカットや坊主にする女性や女優さんも増えているみたいで、上記の記事によると、ただのファッションではなく、このようなメッセージが込められているようです。

 

[su_quote url=”https://f-magazine.com/archives/7891″]「私は美しさを定義する社会に疲れているの。さあ、服を脱いで、メイクを落として、髪を切って。」[/su_quote]

[su_quote url=”https://www.cosmopolitan.com/jp/entertainment/celebrity/news/a5881/other-reason-behind-chopping-hair-cara-delevingne/”]「切ったことで解放感を得たわ。それに、髪の毛がなくても美しいというメッセージを伝えなければ、と思ったの」[/su_quote]

 

海外の女優さんは特に自分のスタイルを通じて自己主張する風潮が強いので、パンチがありますね。

 

私も以前こちらの記事で、坊主にしたことで性差から解放されたということを書かせていただきました。

404 NOT FOUND | チャクラを学ぶなら大阪の7Awakening School*Zuci*(シュチ)/自己覚醒・自己統合・自己実現・自立・願望実現をサポート
~7つのチャクラを活用し「本当の私」に目覚める!~をテーマとした大阪の覚醒スクール。身心魂からの 統合的なアプローチにより、チャクラを癒し発達させる手法を学ぶことができるのが特徴です。

もうほとんど髪が脱毛した今、スッキリとしてなんだか自分の原点に戻った気がしています。

 

もともと学生時代から個性的なファッションが好きで男性の目なんて気にしていなかった私。
私のファッションに文句をつける男には「余計なお世話」「お断り」だった私。
女の子だけど男の子な趣味が好きだった私。
嫌いな男性にははっきりと嫌いだという態度を示せていた私。
好き嫌いがはっきりしていて、わかりすぎるほどに露呈してしまう私。

 

何にも問題なかったのに、いつからそうじゃなくなってしまったんだろう…

 

抗がん剤治療を受けることになって、脱毛するってわかったとき一瞬落ち込んだけど、いざそうなってみると全然平気なんですよね。
どちらかというと解放感しか感じていない。

 

だって髪がなくなったって、毎日好きなこと・やりたいことをやりたいように充分に出来ているし、毎日のんびり穏やかに笑顔でいられる。
沢山は持っていなくても、ちゃんと必要なもので満たされているし、人の優しさや愛を沢山感じて何の不自由も感じていない。

ウィッグ被ればブローしなくても髪型バッチリ。
(今の医療用ウィッグは本当にわからない)
お風呂上りに髪を乾かす手間もないし、髪型が整わないというストレスもない(笑)

 

それに、ずっと似合わないと思っていたベリーショートが坊主にしてみて似合うとわかったから、ここから治療が終わって髪が伸びてきたときにバズカットやベリーショートに出来るのが楽しみでしょうがないし、またそれに似合うファッションを考えるとワクワクする。

より自分らしい自分になれる気がして、一段と解放感を感じてる。

 

本当にもう、自分にとって不要なものは根こそぎ宇宙から強制的に手放させられていくんですよね。
たとえそれが、かなりの荒治療のような方法だったとしても、それはあくまでも自分の幸せのため。
ピュアなありのままの自分に戻るため。

ぜんぶぜんぶ宇宙の愛。

 

「女性らしさ」から「私らしさ」への脱皮。

 

スキンヘッドみたいにまでツルツルにはならないけれど、脱毛した私も瀬戸内寂聴さんみたいなベビーな感じでなかなか可愛いのですよ。

 

ちなみに坊主にした時、こんな写真も撮ってもらっていました。

人に見せる為じゃなく、自分の覚悟と生き様を刻んだタトゥー。
※タトゥーの意味はこちら

 

いつかのタイミングで作品として写真にしたいと思っていたので、これは私の宝物の1枚になりました。
きっとこのきっかけがなかったら撮ることもなかった気がしているので。

 

本当に本当に
誰かのことなんて気にして無理して頑張らなくていい。
力を抜いて、
ただ「私のまま」で「今の私のそのまま」で、

自分が幸せを感じていられたらそれでいい。

 

2019/01/05
今日は私の40歳の誕生日。
さらなる最高に幸せな人生の始まり。

30代の私は脱ぎ捨てて、もういない。

50歳になった時、また「今が一番最高」と言える10年を今日も生きよう。

 

∞LOVE∞
YUKA