スピリチュアルの落とし穴

 

スピリチュアルを伝える者として、私は魂レベルと人間レベルの両方からの視点で物事をみること、伝えることを心掛けています。
何度も言っているように、現実に活かせないスピリチュアルはただの妄想でしかないと。
そして、「偏ったものの見方は良くない」「ひとつの答えが必ずしも絶対的な正解ではない」ということもスピリチュアルを妄信させたり宗教化しないために、私は常に断りを入れておきたいと思っています。

 

私が「子宮頸がん」を患ったとのことをブログでご報告させていただいた際に、ある女性の方から1通のメールをいただきました。

ご自身の実名も記載されておらず、ツインレイのパートナーが行っている「がんも治る○○メソッド」という治療法を提案するものでありHPのリンクが貼られていました。
その療法でご本人は生理痛が治ったそうですが、リンク先にある内容については「口外しないようにお願いします」というもの。

悪魔YUKA
悪魔YUKA

マジ意味不明。

さらに医療従事者であった経験から病院などの裏事情も知っているとのこと。
私の気持ちは決まっているとは思うけれど、良ければ来店してくださいという内容。

 

そのメールを開いた瞬間、私は気分が悪くなり(私はメールでも相手のエネルギーがわかるので)まともに全文を読み切ることができず、その時はおおまかにざっと見るだけで精一杯でしたが、落ち着いた今、改めて見返してみると上記のような内容でした。
送ってくださったご本人は、良かれと思って送ってくださったような丁寧な文面ではありましたが、正直私がそこから受け取ったエネルギーは、そうでなくても状況的にしんどい状態であったうえにさらに輪をかけて気分が悪くなるほどのものであり、ストレスでしかありませんでした。

そして貼られていたリンクを開いてみましたが、私の正直な感想は「胡散臭い」の一言です。
(あくまでも私の感想です。)

それをされているご本人(男性)は、おそらく一生懸命に何かを追及されていらっしゃるのだろうし、その○○メソッドというもので救われた方もいらっしゃるのだとは思うのです。
だから決してその○○メソッドとかいう療法を否定する気持ちは一切ありません。

 

これが実際にご本人自身が「癌」を経験し、その療法によって治癒された方からのものであれば、もし私がそれを選択しなくとも私も素直にありがたく気持ちだけでも受け取ることができたとは思うのです。

 

正直私はブログで詳細を記載することにも最初は凄く勇気がいりましたし、落ち込んではいなかったものの命に関わる病気が見つかったことに私自身の中で様々な想いや感情と対峙していたのも事実です。
いくら冷静に魂レベルで何が起こっているのかを理解できていたとはいえ、それはあくまでも予想であり、事実を安易に捉えていたわけではありません。
それでもこのブログを誠実に運営していくことを決めた私の本気を綴りたかったから、私のあるがままの真実を書かせていただいたのです。
(それだけツインレイが過酷で、本当に命懸けを経験する可能性もあるからこそ、それぞれの人生がそこにかかっているのだという事実と、それをサポートすると決めた私の誠意です。)

 

そして早く見つかったからこそ、即座に手術をするべきだという医師だけでなく私自身の判断も結果的には正しかった。
なんなら医師に言われる前に自分で手術を決めていました。
子宮頸がんが分かった時点では発見されていなかった、手術後の病理検査でわかったリンパ節にまで転移していたという事実が、少しでも放置しておけば確実に他の場所にもあっという間に癌は発生していた可能性をあらわしています。

それにきちんとした標準治療を受けたおかげで保険も適用され、さらに区役所で入院前に高額医療費の申請をしておいたこと、母の勧めで加入していた総合保険の手続き~入金までの対応が早かったことで、手術&入院費用に一切自分の財布を開ける必要なく済んだのです。
私の判断はすべて正しかった。

天使YUKA
天使YUKA

実はそれ以外にも、なんとなーく自分の判断で癌がわかる前に歯医者さんに検診に行って徹底的に口の中の掃除から治療までを済ませていたこと(入院日の数日前に治療が完了した)が、抗がん剤治療の前準備として必要な事だったという奇跡もあったんだよね。

 

いくら良かれと思っての提案であれ、実際その状況になっている本人からしたら「ふざけんじゃねーよ」です。

悪魔YUKA
悪魔YUKA

インディゴなめんじゃねーよ。

無記名であること、勝手に送っておきながら口外はするなとの指示。
それを悪気なく良かれと思ってやっていることがなにより怖い。
医療従事者だったかなんだか知りませんが、今実際にその現場に携わっているわけでもなければ「癌」を徹底的に研究しているわけでもない人からの偏った思考に正直怖くなりました。
今この記事を書いていても涙が出てきます。
だって、誰にもそんな姿見せてはいないけれど本気で自分の「死」を「命」を考えたんだもん。

 

そして平気でインターネット上などで自分が経験したわけでもなく、クライアントや知り合いがそういう経験をしたからと言って安易に「がんが治る」と公言してしまうスピリチュアリストやエネルギーワーカーの危険性を私自身が実際に「癌」になった者の立場から本気で良くないと思いました。

 

実際に今、その危険性を訴えているお医者様が沢山います。

https://dot.asahi.com/aera/2018020700026.html

この先生は、かなり昔からそれを訴えていらっしゃいます。

http://nkatsuma.blog.fc2.com/blog-entry-183.html

また実際に癌になられた方のこんな記事もありました。

https://www.sankei.com/life/news/170727/lif1707270008-n1.html

https://note.mu/hatanohiroshi/n/n1f169f6196cd

 

私は虫垂炎(盲腸)になった時、意地でもお腹のタトゥーに傷をつけたくなくて、薬と気合と食事で見事に数日で治しました。
手術になるだろうと予想していたお医者様には驚かれましたが、まあそれも本人が本気でそれを願ったからか、たまたまラッキーだったのかを他者に証明する術はありません。
あくまでも自分の中で、自分が最も最善だと思う手段を徹底的に実行したから望む結果が得られたというだけのことで、誰かに自分と同じ方法で治るよなんてことは言えません。

 

私はもうこの分野に関しては扱っていないのでお話しすることは今後もありませんが、プロフィールに書かせていただいている通り、ヨガに始まり霊気療法や東洋医学・アーユルヴェーダなど民間療法や予防医学に関することも多く学んできました。
実際に自分が施術を受け、また人に施術を提供もしてきました。
その経験を踏まえたうえで、それだけではやはり解決できないこともあり、西洋医学の必要性も、どちらかに偏りすぎることの危険性も私なりに理解しています。
物事を様々な視点から総合的にバランスよくみて、状況に応じて何を選択することが自分にとってベストであるのかを考えることが最も重要であると。

天使YUKA
天使YUKA

EXILEのATSUSHIくんも喉のポリープができた時、喉を切ることに抵抗があって、ありとあらゆる民間療法やスピリチュアルなものを試したけど、それでもポリープが消えることはなく結局は手術したんだよね。でも彼は民間療法やスピリチュアルというものに触れたことで、生活習慣を変えることができたし、目に見えないものの大切さも知ることができたとも言ってたよ。

 

それ以外にも、どっぷりスピリチュアルな世界にいた時期(ガチのエクソシズムや高等魔術などの世界にもいました)があるからこそ、スピリチュアルに偏りすぎることが良くないことも実際の経験を通じて私なりに理解しています。
もちろん偏る時期があってもいいし、偏ったら戻ればよかったりもします。
それでもやはり、「人間として現実をより良く生きる」ためにスピリチュアルがあるのだという事を忘れてはいけない。

スピリチュアルを扱う立場として、私はこれをしつこく強く伝え続けていきたいし、自分自身の発言や行動にも責任を持たなければと思うのです。

 

そして何かを悪だと決めつけ批判して自分が善だと言い切ることも、もうそんな時代じゃない。
特にツインレイ女性として「自己統合」を目指すのならなおのこと。

「統合の時代」を牽引していくのは他でもない私たち自身なのです。

 

自分が良いと思うことがあるのなら、それを一心に黙々と自分の世界でやり続け発信しつづけていれば、それを必要とする人は勝手に集まってくるのです。
宇宙の流れからみても、これからはますますそういう時代に突入していくのです。

 

ただ、私はこの1通のメールを受け取ったことで、逆に私を信じて黙って見守ってくださる方の愛や、どう言葉をかけていいのかわからないけれど…(という気持ちの乗った)ちょっとした言葉をかけてくださる方の愛を存分に感じることができたし、実際にこういう人がいるのだという事実を体験したことから、今一度スピリチュアルというものについて向き合い考えることができたので、結局はこのメールを受け取ったこともすべてが必然であったのだと感じています。

 

天使YUKA
天使YUKA

やっぱりそこに落ち着くんだよね。

「すべては最善、宇宙の愛」

 

馬鹿でポジティブで難しいことを考えるのがめんどくさかったり、ふざけてくだらないことばかり言ってるのが好きな私も本当の私です。
みんなに笑っていて欲しいからこそ、元気で明るく、なんだって笑い飛ばしてパーッとしたエネルギーを届けたいという想いもあります。

でもそれだけが私じゃない。

そうじゃない私もいるからこそバランスが取れている。
私の中の陰と陽。

 

どんな風に伝えたいことを表現していくかは考えていないようで、やはり常に考えています。

重たくネガティブな思考は必要ありませんが、望む物事を現実化するための建設的な思考はとても重要なものです。
考えるからこそ、直感やインスピレーション、必要な情報など、宇宙から必要なものが与えられるのです。

「考えるな感じろ」そして「感じて考えろ」です。

 

私は、「考えつつ考えない」という自分の最も有効的な絶妙ポイントを持っています。
それは10年以上スピリチュアルと現実と自分自身と向き合い続けて手に入れた私の宝です。
それをうまく使いながら、色んなことを具現化しています。

 

私のありとあらゆる全てをさらけ出すつもりはありませんが、これからはツインレイとして、カウンセラーとして、ただ情報やメッセージを発信するだけでなく、もっと人間としての素の私が日々何を想い何を考えているのかということも併せて表現してゆきたいと思います。
そこからまた伝わるなにかがあるのかもしれないし、ないのかもしれないけれど(笑)

悪魔YUKA
悪魔YUKA

まあ、最近足を温めすぎて「しもやけ」になりかけてるとか、そういうくだらないことは書かないから安心しろよな(爆笑)

 

こんな私の運営するSpiritual Room~Zuci~ですが、少しでも何かお役に立てるようであれば、これからもよろしくお願いいたします。

いつもありがとうございます。

 

∞LOVE∞
YUKA