やるべきことは「今ここ」に~魂の自己として生きる~

魚座時代の「こうするべき」「ねばならない」
こういった思考で生きる生き方から

水瓶座時代の「こう感じる」「こうしたい」という
ハートで生きる生き方にシフトする過程において

「どうしていいのかわからない」
「自分がどうしたいのかわからない」
という不安に駆られることが往々にしてあります。

これまでずっと
「みんながこうしているからこうする」
「誰かがこうだといったからこうする」
という選択ばかりをしてきたために、
自分がどうしていいのか、どうしたいのかわからなくなる。

そんな時こそ「今ここ」に集中しましょう。

いつも「今ここ」にすべてがあります。
必ず「今ここ」にやるべきことが与えられています。

どんな小さなことでも構いません。

洗っていない服を洗濯する。
散らかったままの押し入れを掃除する。
やりかけてほったらかしになっていた仕事を片付ける。

何も思いつかないのなら、とりあえず散歩に出て身体を動かしてみましょう。
じっとして、それこそ思考でばかり考えるよりも、身体を動かすことでエネルギーが動き
次にやるべきことが自然と思いついたり、向こうからやってきます。

「どうしていいかわからない」

そんな時こそ、不安を元に思考を巡らすのではなく
とにかく身体を動かす。

思考は「過去」や「未来」に自由自在に移動します。
だからこそ、過去の記憶に囚われてしまったり、未来に不安を抱いたりしてしまいます。
過去のトラウマによる恐怖も、未来に対する漠然とした不安も、すべては思考の産物に過ぎません。

ですが、身体は常に「今ここ」にあります。

手の届かない実体のない遠くの過去や未来に生きるのではなく、
身体のある「今ここ」に生きる。

「今ここ」という場所で
「今ここ」にあることに集中しましょう。

 

どうしても不安や恐怖が拭えない。
地に足がつかず、フワフワしたり焦りに振り回されてしまう。
情緒不安定になりがち。

そんな方は是非、ムドラ・ヨーガ講座を受講し、精神の安定やコントロールを図る手法を身につけていただけると幸いです。

*Namaste*