肉体を持った人間だからこそ~魂の家族と生きる~

肉体を持った人間だからこそできることがある

それは、顔を見て、声を発し、
肌に触れあうことができるということ。

これは、肉体をもった人間としてしかできないこと。

太陽の温かさを身体で感じ、
土や樹のぬくもりに触れ
鳥のさえずりを聞く。

友人や家族と声を通じて会話をし
笑いあい、笑顔を交わしあう。

美味しい食事を食べ
口で味わい、身体に染み渡る感覚を感じる。

すべて、肉体を持った人間だからこそできること。
肉体がなければできないこと。

人間として生まれてきたこの人生を
人間としてしかできない歓びを
存分に楽しもう。

会いたい人に会いにいこう。
一緒にいられる人と笑いあおう。

難しいことはなにもいらない。
ただ、会おう。
ただ、笑いあおう。

*Namaste*