婦人科系疾患と第2チャクラ~魂の自己として生きる~

婦人科系疾患は、すべて第2チャクラの問題です。

要するに、<支配と依存>という魚座時代の古い体制が女性および女性性を抑圧させ、それが肉体の歪みとして現象化したものが婦人科系疾患です。

月経困難症・子宮筋腫・子宮内膜症・子宮頸がん・子宮体がん・卵巣がん・更年期障害など…

症状がどうであれ、それらの根本的な原因はすべて同じ<支配と依存>という精神の問題。
男性の生殖器周辺の病なども同じと言えます。

肉体と魂を統合していく過程においては、第1チャクラ→第2チャクラ→第3チャクラ~第6チャクラと、順番に個々のチャクラの浄化と課題のクリアが必然的に起こりますが、なにかしらの婦人科系疾患を抱えている場合、それを根本治癒することが、第2チャクラを浄化し、<支配と依存>の世界から脱却することを可能にします。

根本治癒の方法としては、①食習慣の改善②氣血の活性と解毒③精神の再構築の3つが基本となります。
精神を変えるよりも、肉体から変える方が容易であるため、食を見直し、生活習慣を改善することからアプローチするのがよいでしょう。

*Namaste*