マインドを超越する~魂の自己として生きる~

<肉体ー心ー魂>が調和し統合されると
マインド(思考)は静まります。

魂の自己として生きる時、そこにマインドの介入はありません。

魂と肉体が統合すると、頭であれこれ考えて行動するのではなく、「身体が勝手にそう動く」のみとなります。

マインドが介入するとは「こうしたらこうなる」「こうだからこうする」「こうしなければいけないからこうする」
そういった条件を元に行動することです。

このマインドが、魂と肉体を分離させます。

魂と肉体が統合されているとき、「ただそうしたいからそうする」「そうすることが心地よいからそうする」という感覚を元に行動するようになります。

本格的な水瓶座の時代に突入した今、この感覚をいかに養うか?が重要であり、そのためにも肉体の浄化と、肉体の感覚を取り戻すことが最重要課題となります。

*Namaste*