あるがままに委ねる~魂の自己として生きる~

魂の自己として生きるには
今の現状が、どれだけ自分の理想とかけ離れていたとしても
まずは一旦あるがままを受け容れること

現状を力でなんとかしようとしないこと。

現状を受け容れ、今のあるがままのすべてを愛し慈しむ。
今の自分のあるがままのすべてを受け容れ許し愛する。

そして、身体と心が赴くままに身を委ねる。

横になりたいなら横になり
歩きたいなら歩き
黙りたいなら黙り
話したいなら話し
何もしたくないならそこに留まり
何かがしたいならそれをする

魂の自己として生きるということは
頭であれこれと「こうしなければならない」「こうでなければいけない」といったジャッジメントの全てを手放し、自らの人生に抗うことなく、ただ自分のままで生きること。

それですべてが手に入る。

あなたはあなたのままで完全で完璧です。

*Namaste*