違いを認めて「違い」を楽しむ

最近、どんな価値観を持っていようと
お互いに違いを認めて尊重しあえる人と、フラットに関わりあってゆきたいという気持ちが増している。

反対に、どんな価値観を持っていようと
「自分がすべて正しい」「自分の知っていることがすべてだ」という姿勢で、相反するものを否定して自己主張する人との関わりにくさを、より感じるようになってきた。

私はこうだけれど、あなたはどう?
なるほど。
そういうこともあるんだね。
そういう考え方もあるんだね。
そういう生き方もあるんだね。

そういう世界もあるんだね。

共感できなくてもいい。
だからといって否定しなくてもいい。

ただ、「そうなんだね。」と、自分の生きている世界とは全く異なる世界があることを面白がり、そんな世界について教えてもらうことを楽しんだり、そこから新しいヒントやインスピレーションや気付きを得たり…

そんな風にして、縁ある人と穏やかにゆるやかに関わりあってゆけたらいいなと思う。

私が幸せならそれでいい。
あなたが幸せならそれでいい。

 

小さな世界で豊かに生きる。
日日是好日
*muni*