日常ごとのすべてが幸せ

ここずーっと、毎日何度「幸せ~」と感じているだろう。
と思うほど、本当に心豊かな日々を暮らしている。

私の幸せは、まったくもって特別なことや非日常的なことではなく、

*朝目覚めて‟よく眠れた”と感じられること
*家族と朝から機嫌良く1日を始められること
*毎日毎度の食事がたまらなく美味しいこと
*ぼ~っとする時間の至福さ
*お風呂で温まりスッキリすること
*暖かい布団の中で心地よく眠りにつけること

この‟なんでもない”、ただ「生活している(生きている)」という日常の幸せを毎日感じていられることが、この上ない私の豊かさであり、最上級の至福。

先の見えない不安定な社会の状況下で、何に巻き込まれることも振り回されることもなく、こうして毎日「幸せだな」「美味しいな」「気持ちいいな」「心地いいな」と何度も繰り返し繰り返し感じられることが、どれほど恵まれたことだろうかと思う。

私は決してお金持ちでもなければ、知名度も権力もなにもない無名の療法師でしかないけれど、そんなことは私や私の家族が幸せであるかどうかには一切関係なく、私の手の届く範囲の小さな世界で、私自身が豊かさを感じ、今目の前にいる人が安心や幸せを感じていてくれたらそれで充分。

自分にとって必要なものが必要なだけあり、心の充足を感じられる、平和で安定した心地の良い暮らし。

明日もそうで在りますように。

 

小さな世界で豊かに生きる。
日日是好日
*muni*