そこに愛があれば満足感は持続する~愛を循環させ豊かさを創造する~

3月頃から食生活を見直し、ご飯は玄米雑穀、野菜や果物はオーガニック、肉や魚は新鮮で良質なものを選ぶようになりました。

「意識を向けた方の現実が展開する」の法則は、ここでもパワーを発揮してくれて
食生活を徹底的に改善すると決意した矢先に、近所にもう10年以上も営まれているオーガニック野菜のお店を発見し、いまではすっかり常連さん(*^-^*)
また、自転車で行ける距離に、新鮮な肉と魚で評判のスーパーを見つけることもできました。

食事に関しては、昔から頭ではわかっていたものの、なかなか改善に至ることができず、病氣をしたことでなんのためらいもなくスパッと変えることができました。

この世界にあるものは全てエネルギーでできている。
食べ物もエネルギー。
食事って、栄養を摂取しているだけでなく、生命のエネルギーを取り込んでいるんです。

だから新鮮なものやオーガニックなどの生命エネルギーに溢れているものを食べると、身体が必要としているエネルギーをちゃんと満たすことができるから少量でも満足できるんです。
逆に、加工食品やインスタント食品、電子レンジで調理したものなどは、生命エネルギーが壊れてしまっているので、食べても食べても満足できない。
現代人の多くの病氣の原因は「食べ過ぎ」といわれているのですが、そもそも食べ過ぎてしまうのは、身体を真に満たすことのできないものを摂取しているからなんですよね。

私は20代の頃、過食症でした。
色んな情報を漁って、1冊の本に出会いました。
その本には、過食症は「愛の不足」が原因だと言うことが書かれていました。
私は納得しかできなくて、そこから「愛」というテーマについての探求が始まりました。

過食症もそうだし、買い物依存症とか、恋愛依存とか薬物中毒とか…
なにかを必要以上に求める行為は、すべて「愛の欠乏」なんですよね。
「満たされたい」という想いによって、それを必死で何かで埋めようとする。
これが依存の正体です。

本当に欲しいのは、沢山の食べ物でも物でもお金でも人でもない。
愛が欲しい。
皆、「愛」というエネルギーが欲しいのです。

私、今好きな人がいるんですね(*´ω`*)
以前にも、こちらの記事で書かせていただきましたが、たった2時間会えただけで満足したし、先日も1時間程だけ話ができて、それで未だにその幸福感が続いていて、そんなに強く「会いたい」と相手を求める気持ちとかもなくて、どちらかというとその幸福感で自分自身のことにすごく集中できるんです。

ツインレイって気を付けないと癒着すると言われていますが、依存の関係ってお互いに愛に飢えていて、他者から愛されることを強烈に求めているから、愛をクレクレってべったり癒着しちゃうんです。
物理的な距離が離れていても精神で癒着していれば同じこと。
で、結果的に「与えあい」ではなく、エネルギーの奪い合いになるんですね。
※精神的に依存されると、物理的に離れていてもエネルギーは奪われますし、自分も相手に対し依存していると、相手からエネルギーを奪ってしまいますのでご注意くださいね。

2人の間に本当に愛が流れていれば、1人なら1人を楽しめるんです。
1人を楽しめるから2人を楽しめる。
2人を楽しめるから1人を楽しめる。
このように愛が循環していると、これがグルグル巡って、お互いの個々の人生がより豊かに繁栄してゆきます。

本当に身体に良いものを食べ、本当に好きなことをして、本当に好きなものを持ち、本当に好きな人たちと関わりあって生きる。
自分にとっての真実(ほんとう)があれば、物も人も沢山は要らない。
必要最低限で充分に満足できるのです。

これが、真実(ほんとう)の精神的にも物質的にも満たされた豊かな人生。
だから「豊かさ」って、決して物をたくさん持っていることでも仕事が沢山あることでも、お金が沢山あることでもないんですよ。

自分にとっての真実(ほんとう)を知っているのは自分だけ。
自分の本当を知る。
本当の自分を知る。
自分自身を知る旅。
それが自己覚醒から自己統合/自己実現に至る道。

 

あなたが‟本当の私”に出会えますように✨✨✨