ツインレイ女性の課題~内側が先、外側が後~

「内側が先、外側が後」

水瓶座時代における5次元世界の豊かさの生みだし方は、全てこの法則に従います。

ツインレイのプロセスにおいて、なぜ女性の自己統合が先なのか?
こちらの記事でお伝えしたように、なぜ女性性の柱の再構築が先なのか?

それらもすべて、「内側が先、外側が後」の法則に則っています。

陰陽理論でみると、
陰=冷,静,内側,精神世界,女性性,女性
陽=温,動,外側,物質世界,男性性,男性
となります。

だから、外側の世界(現実世界)を真に豊かにするには、この過程を経る必要があります。

①女性の女性性の柱の再構築
(スピリチュアリティへの目覚め=上位チャクラの解放)

②女性の男性性の柱の再構築
(具現化への目覚め=下位チャクラの解放)
※男性の女性性の柱の再構築

③女性の自己統合/自己実現
※男性の男性性の柱の再構築

④男性の自己統合/自己実現
女性の内側(精神)が満たされてこそ、男性の内側(精神)が満たされます。
家の中(家族やパートナーシップ)が満たされているからこそ、外に向けた仕事に愛を注ぐことができ、他者の精神を満たすことができ、収入という形で経済的・物質的な豊かさを得ることができる。
これが、精神的にも物質的にも幸福で豊かな人生の仕組みであり、男女のパートナーシップによる「愛を循環させ、尽きぬ豊かさを創造する」仕組みでもあります。
ですが、どうでしょうか?
外側の形や物質(男性性)が優位であった魚座の時代においては、家庭内に問題が多く、家族や夫婦仲にも問題があり、仕事に逃げるという男性や女性も多かったように思われます。
それはやはり、人々の意識が精神よりも物質に傾いていたためであると考えられます。
バブル時代の3K(高身長・高学歴・高収入)なんていう言葉も完全に魚座時代の価値観ですよね(;^ω^)
また、依存と支配で成り立つ夫婦関係も魚座時代の象徴ですね。
要は、機能不全の家庭が当たり前のような状態。

なので、それを根本からひっくり返そうというのが、ツインレイをいうプロセスであり、アセンションの流れでもあります。
また、5次元世界は、「自分の発するエネルギーが顕在化(物質化)する世界」なので、ツインレイであるなしに関わらず、目の前に現れる男性は、自分自身のエネルギーが顕在化したもの。
ですから、「自分自身が依存体質であれば、目の前に現れる(惹き合う)男性も依存体質」だし、「自分が自立していれば、目の前に現れる(惹き合う)男性も自立している」ということになります。
要は、どんな物事においても、パートナーシップにおいても、全ては「自分の発しているものが還ってくる(与えたものが還ってくる)」という、この基本のエネルギーの通りなのです。
加えて…
占星術上では、今年2020年の12月22日より、本格的に水瓶座時代の200年が始まると言われています。
ますます、これまでの魚座時代の概念が通用しない社会が形成されてゆくことでしょう。
とはいえ、私は既にもう水瓶座時代対応の生き方をしておりますので、そうでない方は、しっかりと意識を物質優位から精神優位に切り替えていってくださいね。
水瓶座時代の生き方については、自己実現の教科書に8~9割書かせていただいておりますので、是非読むだけでなく自ら実践し、生き方そのものをシフトさせていってください。
天使YUKA
天使YUKA

難しいことを言っているようだけれど、結局のところ
本当に心からワクワクする好きなことをして、好きな人たちと暮らす。
それだけでいい。という、至ってシンプルなことなんだけどね✨✨✨

悪魔YUKA
悪魔YUKA

まあ、そこにいたるまでの「マインドの刷り込みをいかに解除できるか」だよね。
大丈夫。全部うまくいくよ(*^-^*)