ツインレイ女性の課題~女性性と男性性の再構築~

前回の記事でお伝えしたように、ツインレイのプロセスにおいては「女性性の柱と男性性の柱の再構築」という課題があります。

この世界にはすべての物事において裏と表、すなわち陰と陽の2極が存在しているように、私たちの精神(内面)にも女性性と男性性という2極性があります。

そして、1人の人間として、この女性性の柱と男性性の柱に大きく影響しているのが、母親と父親との関係です。

私たちは肉体を持った人間として生まれ、初めて接触するのが母親と父親です。
母親の母性と、父親の父性に触れながら、私たちは幼少期を過ごし成長してゆくわけですが、その成長過程において両親がどのようであったか?によって、自分自身の女性性と男性性が育まれてゆきます。
本来私たちは、母親からの適切な母性愛と、父親からの適切な父性愛を与えられることによって、自分自身の女性性の柱と男性性の柱はしっかりと構築されてゆくのですが…

こちらの記事で、「ツインレイは機能不全の家庭で育っているケースが多く見受けられる」ということを書かせていただきました。
両親の不仲・不倫・離婚・死別・病氣・借金・虐待・依存ect…であったり、過剰な厳しさや過剰な甘やかしによる育児などによって、両親から適切な愛を受け取ることができなかった場合、女性性の柱と男性性の柱がしっかりと構築されずに成長し、精神にアンバランスを抱えたまま大人になることによって、人生に様々な問題が発生することとなります。

特に、これまでの魚座の時代においては「支配と依存」で社会が成り立っていたため、上記のようなわかりやすい機能障害の家庭に育ったわけではなくとも、魚座時代の「こうあるべき」「こうでなければならない」といった古い価値観の強い両親の影響を強く受けている場合も、自己統合(‟本当の私”に目覚める)の過程において、両親から受け継いでいる女性性の柱と男性性の柱を一度壊し、再構築しなおす必要があります。

悪魔YUKA
悪魔YUKA

これまでにカウンセリングをしてきたツインレイ女性には2つのパターンがあったんだよね。
①機能障害の家庭で育ち、かなり困難な人生を歩んできた人
②魚座時代の社会で高い地位を築いていた家庭で育った人(医者や社長の娘など)
※必ずしもすべての方がこの2つのパターンに当てはまるわけではないと思います。

天使YUKA
天使YUKA

どちらのパターンにしろ、家系のカルマの影響を強く受けていて、それらを超越して「個」としての自分軸を確立するために、ツインレイと出会い、3次元世界を抜け出して、これまでの人生を清算し、‟本当の私”で生きる5次元シフトのプロセスを歩むことになるんだよね。

 

機能障害の両親と機能不全の家庭、魚座時代の支配と依存といった古い価値観の影響は、すべてチャクラに記憶され、チャクラの機能障害として現れます。
当スクールでなぜチャクラを扱っているかというと、チャクラを浄化・発達させ、チャクラの機能障害を克服することが、自己統合(=真の自立)を叶えるサポートになるからです。

この物質世界に顕現しているものの大元はすべてエネルギーです。
私たち1人1人の人間もエネルギーで出来ており、それをより具体的に表したものがチャクラのエネルギーの概念です。
よって、「チャクラをマスターする=自分自身をマスターすること」であり、チャクラのエネルギーを自分自身で扱える(癒す・浄化する・発達させる)ようになること=精神面においても物質面においても自分の面倒は自分でみるという「完全なる自立」に繋がるのですね(´艸`*)

ご興味がありましたら、どうぞ当スクールの「チャクラ基礎講座」「7チャクラマスター講座」を、ご自身の「自己統合/自己実現」にお役立てくださいませ。