5次元世界のパートナーシップの主導権は女性にあり~愛を循環させ豊かさを創造する~

魚座時代の3次元世界では、物質(外側)が優先されていた世界であるため、パートナーシップの主導権は男性にありました。
カタチがあって、愛がついてくる。
お金や地位や権力や容姿などが、愛を獲得する条件とされていました。

ですが、水瓶座時代の5次元世界においては、エネルギーが物質化する(内側→外側)の世界であるため、パートナーシップの主導権は女性にあります。
※陰陽理論では、女性が陰(内側)、男性が陽(外側)を司っているため。

だから、女性がワクワクする、幸福を感じるパートナーを自分自身で選ぶことが水瓶座時代の幸福なパートナーシップのカギとなります。
女性がワクワクや幸福を感じる、その愛のエネルギーによって、男性も幸福を感じることができ、愛が循環し豊かさを創造するパートナーシップを構築することができるのです。
女性の愛が先に発動し、その愛のエネルギーを受け取った男性が、その愛をカタチにする。という流れ。
また、逆を言えば、女性の男性に対する愛が冷めれば、2人の関係は終わりとなります。

そのため、女性がパートナーの男性といても幸せでないにもかかわらず、物質的もしくは精神的な依存心から離れられない場合、男性も女性もどちらの真の幸福と豊かさを得ることはできず、負のスパイラル(物質的ないし精神的な貧しさ)の中に留まり続けることとなります。
この場合も、主導権は女性にあるため、女性が男性を手放さない限り、男性はいつまでも鎖に繋がれたまま、自分にとっての幸せな人生を生きることができません。
物理的な距離が離れていようと、見えない精神のレベルで繋ぎとめている限り、この負の関係は終わりません。

ツインレイは、この依存心による負の関係であるため、女性が自立を叶え、精神的な彼に対する依存心と執着の鎖を断ち切り、ツインレイ男性を完全に手放すことが最終課題となり、それができてはじめてツインレイ男性は自分に相応しい本当の幸せな人生を生きることができるようになります。
(ツインレイ男性にとってツインレイ女性は、背伸びしなければ届かない相手ですので、ツインレイ女性から解放されることで、ようやく自分の身の丈にあった人生やパートナーを手に入れることができるようになる。というのが私の考察です)

 

そして、女性が真に幸福を感じられるパートナーを自分で選べるようになるには、自分にとってどんな人生が真に幸福な人生なのかを自分で見出し、自分自身がキラキラと輝くことのできる人生を自分自身で手に入れること(=自己統合/自己実現)
‟本当の私”に目覚め、自分にとって相応しい幸福で豊かな人生を具現化できた時、本当に自分にとって幸福を感じることのできる相応しいパートナーがどんな人なのかがわかるようになります。

女性の幸福が男性の幸福となり、社会全体の幸福となり、未来永劫に続く豊かな世界に繋がっていく…
これが水瓶座時代の、愛を循環させ豊かさを創造するパートナーシップの在り方です✨✨✨