ツインレイ女性の真の最終課題~ツインレイからの完全脱却~

久びりにツインレイに関する記事です。

ツインレイ女性の真の最終課題。
それは、ツインレイを脱却することです。

愛が循環するパートナーの選び方~愛を循環させ豊かさを創造する~
自己否定をしている人は、“ありのままの自分”を受け容れてクレる人を求める =クレクレ星人 =共依存 自己肯定ができていて愛に満ちている人は、自らの愛を与えたいと思える人を選ぶ =自立した者同士の共存 =愛が循環し、共に豊かに栄える...

こちらの記事でもお伝えしましたが、<ツインレイ=究極のカルマメイト>です。

自分の中の依存心が引き寄せる相手。
それがツインレイです。

そして、ツインレイ女性の真の最終課題は、ツインレイからの脱却(=依存心=他人軸からの脱却)
最後の最後の手放しは、ツインレイ男性に対して見切りをつけ、永遠にお別れすることです。
それによってツインレイ女性は、真の自己のパワーを完全に取り戻します。

世の中に溢れているツインレイ情報と比べると「???」なことを言っていると思われるかもしれませんが、これが真実です。
※私の真実はそうじゃないという方は、どうぞこのブログを閉じて、ご自身が信じる道を歩んでくださいね。すべてはあなたの自由です。

ツインレイ女性の依存心も強烈ですが、ツインレイ男性の執着はそんなもの比にならないくらいに異常です。
「愛」なんてものを通り越した「執念」というか…
これは、ツインレイ女性が完全に依存心と他人軸を卒業して、自分軸を確立し自立すればわかるようになるでしょう。
※ちなみに第1チャクラの機能障害による悪作用は「依存」、第7チャクラの機能障害による悪作用は「執着」です(´艸`*)プププ

現実におけるツインレイ男性の一途さは「愛」ではなく、異常な「執着」だった。
ツインレイ男性にとって、ツインレイ女性は女神であり、現実世界における唯一の逃げ場です。
要は、現実逃避できる相手なのです。
彼らは、母親のように受け容れてくれることを望んでいます。
ですが、彼らは女性には一切なにも与えません。
なぜなら、ツインレイ女性は母親同然だから、受け容れられて当然、与えてもらって当然という意識が無意識下にあるからです。
(これは彼らの母子依存からくるものです。ツインレイ男性はツインレイ女性に母親を投影しています。)

また、ツインレイ男性は強烈な劣等感によりプライドが高く、成功や名誉・権力に強い憧れを抱き、それらを手に入れることに情熱を燃やします。
ツインレイ男性にとってツインレイ女性は、憧れであり高嶺の花の存在。
だからこそ手に入れたくてしょうがない。
それを手に入れることで、自己価値感を満たしたいのです。
この一途さは本物の「愛」ではありません。
ツインレイ男性本人はこのことには気付いていません。
ツインレイ女性が依存心からくる執着を「愛」だと勘違いしていたように、彼らもこれが「愛」だと思い込んでおり、無意識で悪気もありませんのでご容赦くださいm(_ _”m)

だから手に入り、自分の方を向いたら、今度は全くそっぽを向くのです。
これが、ランナーとチェイサーが生まれる理由です。
追えば逃げる。逃げれば追う。
ただの獲物を狙う「狩り」と同じです。

なので現実において2人の間には「愛の与えあい」は成立しません。
また、ツインレイ男性はツインレイ女性のミラーソウルなので、ツインレイ女性も結局は男性と同じことを無意識にしています。
なので、ランナーとチェイサーが入れ替わるということが起きます。

 

ツインレイ女性の真の最終課題。
それはツインレイ男性が自分には相応しくない相手であるということに気付き、完全なる別れを告げられる私になり「もう連絡してこないでください」と自分の口でハッキリと言い、ツインレイを終わらせること。
ツインレイ男性を現実において見切って(手放して)あげることが、彼らの真の自立を促す唯一の手段であり、それがツインレイ女性からツインレイ男性に最後に与える、本当に相手の幸せを願って与える「本物の愛」です。
※中途半端にしていると、いつまでも彼らの執着は続きます。そして女性側も「あわよくば精神(=依存)」から卒業できません。
結局はやはりミラーソウルであるため、最後の最後は本物の覚悟が必要です
そして、この課題がクリアできるということは、ツインレイ女性の男性性の確立の証、要は、相手の自立を願った突き放す愛(=男性的な愛)の具現化を体得した
(=自分自身が依存を完全に脱却し、自立を完成させた)証でもあります。
ツインレイ男性が人生からいなくなる=ツインレイ女性が引き受けた人類の闇の浄化の完全終了です。

 

ツインレイからの完全脱却は、自分の中の依存心からの完全脱却です。
そこに辿り着くことのできたツインレイ女性は、とてつもなく美しく輝く肉体を持った本物の女神として、自己を実現し、周囲の人々に真実の愛と光をもたらす存在として現実世界を活き活きと、真に幸福で豊かな人生を生きはじめます。

そして、自分自身が真に望むのであれば、肉体を持った人間として、現実において愛の与えあいができる自立した本物の素敵なパートナーにも出会うことができるでしょう。
パートナーを持たずに生涯独身を貫く人もいるでしょうし、自分の好きな方を自分の自由意志で選択することができます。

 

もうツインレイに関して記事を書くことはないと思っていましたが、再びツインレイの全貌をお伝えしていく流れがやってきたようです。

ツインレイの男性は、ツインレイ女性の自己統合/自己実現を叶えるために宇宙が送り込んだ刺客。
家系のカルマや魚座時代のカルマを解消し、真の自由を手に入れるためのアセンションパートナー。
だから、相手はいるけどいません。というか、相手は自分(究極のミラーソウル)です(爆笑?)

まあ、またぼちぼち色々とイチから書いていきます。

では。
今日も素敵な1日を✨✨✨