愛が循環するパートナーの選び方~愛を循環させ豊かさを創造する~

自己否定をしている人は、“ありのままの自分”を受け容れてクレる人を求める
=クレクレ星人
=共依存
自己肯定ができていて愛に満ちている人は、自らの愛を与えたいと思える人を選ぶ
=自立した者同士の共存
=愛が循環し、共に豊かに栄える

共栄共存の愛が循環するパートナーシップは、互いに向き合って2人の世界に浸る(=共依存)関係ではなく、
お互いが自分の360度、あらゆる方向に愛を放つことができる(=自分たちだけでなく、より多くの人に愛を与えることで益々豊かになっていく)関係です。

だからね、「愛されたい」「受け容れて欲しい」と思っているうちは、共依存のパートナーシップになってしまうんです。
そういう場合は、パートナーを求める前に、自分自身と向き合い、自分の自己否定と向き合い、自分にとって幸せな人生を自ら見出し、自分で自分を愛して満たせるようになることが最優先事項です。
そして、自らが愛を与える側になれた時、ちゃんと愛を循環させ豊かに繁栄してゆける、共存共栄のパートナーに出会うことができるのです。

 

‟愛を与えたいと思える”というのは、
「私はこの人に何ができるだろう?」と考えられるということ。
「○○してクレ」(愛してクレ・受け容れてクレetc…)ではなく、自然と与えたいと思える人。
「~クレ」は結局、愛ではなく「自我(エゴ)」なんです。
また、相手が依存するような「私が守ってあげなきゃ」「私が助けてあげなきゃ」「私が面倒見てあげなきゃ」も、結局は相手の世話をして自己価値感を感じたいという自我(エゴ)になります。

私は私で自分のことは自分でできて、相手は相手で自分のことはできて、お互いに溢れたものを「与えあえる」。
相手にとって、何が真に相手のためになるのかを考えられ、それをすることで自分自身もワクワクする。
決して無理をすることなく、自分のことも尊重して大切に、相手のことも尊重して大切にできる。
そして、一方通行ではなく、互いにそう思える。
相思相愛であることによって、愛が循環するのです。

 

本当の‟私”に目覚める、自己実現の過程においては、これまで生きてきた3次元をどんどん脱出していくことで、住む場所や仕事、人間関係なんかもどんどん変わっていく可能性が充分にあります。
だからね、あまりこの人が運命の人だと決めつけない方がいいですよ。
自分が成長すればするほど、最初はキラキラして見えた相手が色褪せて見えて、別々の道を歩むことになるパターンなんていくらでもありますからね。

 

ちなみに、ツインレイは究極のカルマメイトです。
3次元を脱出するためのアセンションパートナー。
だから5次元移行すれば、相手との関係は終わります。
はっきり言うと、ツインレイに惹かれる最大の原因は「自己否定(=他人軸)」です。
自己否定をしているから真逆に惹かれる。
それが、ツインレイが真逆であり相手と噛み合わない理由です。
自己否定をし、「私は、自分にとっての幸せな人生を自分自身で創造することなんてできない」と思っているから、相手に寄りかかろうとします(=依存心=他人軸)

でもね、決してカルマメイト=悪ではありません。
あたなが本当の‟私”に目覚める、あなた自身がキラキラと輝く人生に辿り着くための、とても重要な人物であることは確かです。
「ツインレイの存在があるからこそ、5次元シフトできる」と言っても過言ではありません。

ただし、やっぱりツインレイは間違いなく、自分の「自己否定(=他人軸)」からくる依存心によって惹き合う相手なんだということは伝えておきますね(´艸`*)
巷に溢れている依存を促す「ロマンティックが止まらない~♬」のツインレイ情報にご注意くださいね(*´Д`)

 

さあ、今日も自由に優雅に生きましょう✨✨✨
あなたの人生はあなたが主役?

あなたはあなたのままで完全で完璧です✨
あなたの幸せは完全に保証されています✨