自己実現の教科書⑪~自己実現を加速させる4大要素~

自己実現を加速させる4大要素

では、これまでの自己実現の教科書①~⑩の内容を踏まえた上で、自己実現を加速させる4大要素をお伝えします。

Ⅰ.無条件の愛

私たちを分離分断させるのは「自我(エゴ)」です。
私たちを結びあわせるのは「愛」です。

分離分断された自己の肉体とスピリットを繋ぎ合わせるカギとなるのは「無条件の愛」

現実に起こる出来事を通じて、自分の潜在意識下にある「~べき」「~ねばならない」といったマインドの刷り込みや条件付け、またそれによって無意識に行っている自己否定に気付き、無条件の愛で自分自身のすべてをまるごと受け容れ許し認め愛する。

無条件の愛による「自己受容」

どんな自分も受け入れ愛することにより、自己との繋がりを取り戻す。
些細なことから何度も何度もこれを繰り返すことで、自己統合が加速します。

Ⅱ.ハートや身体の感覚に従う

スピリットの意志と共鳴する時、私たちは「ワクワク」「心地よい」「しっくりくる」という感覚をハートや身体全身で感じます。

「ワクワク」や「心地よさ」は「こっちで正解だよ!」というスピリットからのお知らせ。

「~べき」「~ねばならない」というマインドの自我(エゴ)を手放し、ハートのトキメキに従って自分のやりたいことをやりたいようにして、「ワクワク」や「心地よさ」のエネルギーでいることによって、さらにワクワクする、心地よさを感じる物事を引き寄せることができます。
自己実現の教科書⑦でお伝えしたように、「自分の発したエネルギーが還ってくる」ので、ワクワクのエネルギーでいるとワクワクの現実を引き寄せます)

ハートのワクワクや心地よさを感じ、それを行動に移すことにより、スピリットとの繋がりはますます強化されます。
日常の些細なことから、これを繰り返すことで、自己実現が加速します。

Ⅲ.VOID瞑想

<VOID=「無」=スピリットの意識=宇宙意識=無限の情報バンク>です。

スピリットと繋がるには意識的に「無」の時間をもつこと。
スピリットとの繋がりを邪魔しているのは「余計なマインド」です。
日常の中で、外側にある情報や他者の声を遮断し、マインドを脇に置き、「無」になる時間を持つことでスピリットからの情報をダウンロードすることができます。

日々の生活の中に「無」を取り入れマスターする。
これによって自己統合/自己実現が加速します。

※瞑想はご自身のやりやすいやり方法で行ってください。
また、「チャクラ基礎講座」および「7チャクラマスター講座」にて実践ワークと共に、瞑想が苦手という方でもカンタンに「無」をマスターできるコツなどをお伝えしております。

Ⅳ.エネルギーをマスターする

私たちの肉体を含め、物質世界に現れる現実や引き寄せる人・物事などはすべて自分自身のエネルギー状態の現れです。
この物質世界のすべてを構成している大元はエネルギーであり、自己実現の教科書⑦でお伝えしたように
<自分の発したエネルギーが還ってくる>のですから、エネルギーを変えれば現実は変わるのです。

私たちは、他人や外側の現実のすべてをコントロールすることはできませんが、自分自身のエネルギーをマスターすることで、身体や心の状態および思考や行動をコントロールすることは可能です。
自分の人生を創造しているのは自分自身。
現実を創っている自分自身を適切にコントロールすることで、より良い人生を創造することができます。
また、自己実現の道を進めば進むほどに、この微細なエネルギーを扱えるようになることが必須となってきます。

自分の微細なエネルギーを感じ、整えることを習慣化することによって、より一層“本当の私”を生きることができるようになり、より良い現実を引き寄せ、自己実現が加速します。

チャクラのエネルギーを<感じる・チェックする・バランスする・活性化する・コントロールする>手法などは「チャクラ基礎講座」および「7チャクラマスター講座」にて実践ワークと共にお伝えしております。

もちろん、既に自分なりの手法をお持ちの方は、ご自身のお好きなやりやすい方法で行ってくださいね。

 

以上が、自己実現を加速させる4大要素になります。
是非、毎日の生活の中にこれらの要素を取り入れ実践し、自己統合/自己実現を机上の空論ではない現実のものにしてゆきましょう。

あなたの人生はあなたが主役✨✨✨