自己実現の教科書④~支配からの解放~

支配からの解放

自己実現の教科書②~自己実現とアセンションⅠ~
自己実現とアセンション では、自己実現についての理解を深めるために"アセンション"についてお話しします。 "アセンション"という言葉は聞いたことがありますか? "アセンション"とは、2010年頃からスピリチュアル業界において広...
自己実現の教科書③~自己実現とアセンションⅡ~
前回の記事で、魚座の時代について書かせていただきました。 次に、これから約2160年続く水瓶座の時代の性質についてお話しさせていただきます。 水瓶座の時代 水瓶座の時代は「統合」と「自由」の時代。 水瓶座は全体性(ホールネス)を大切...

上記2つの記事でお伝えしたように、魚座の時代から水瓶座の時代への移行によって、私たちは支配から解放される流れに乗っています。

私たちは時代の波に乗り、より自由に生きることが可能な時代に突入したわけですが、その自由と引き換えに私たちは今、1人1人の自立が求められています。

支配は依存を生みだします。
そして、支配している側も支配されている(依存)側も、実は互いに依存しあっています(=相互依存,共依存)

水瓶座時代のキーワードである自由を獲得するためには、もれなく自立=依存からの脱却という課題がついてきます。

実は、依存している方がある意味「楽(ラク)」です。
例えば、会社に勤めていれば、仕事は用意してもらえるし、お給料が自動的に支払われて、確定申告を自分でせずともすべて会社がやってくれます。
ですが、そこに自由があるか?と言われるとどうか。
時間の拘束であったり、会社の規約に従わなければならなかったり、それこそ会社が「倒産します」と言えば、否応なしに職を失います。
会社に依存することで、「人生の主導権が会社にある=お金も時間も人間関係も自分の自由にはならない」のです。
一方で個人事業主となって自立した場合、会社勤めとは異なる苦労はあるかもしれません。
うまくいかないことがあっても誰も責めることはできませんし、すべてが自己責任となります。

ですが、時間も働き方も、なにをどうするか?稼いだ金をどう使うか?誰と過ごすか?もすべてが自由に選択できるようになります。
つまり、毎日の暮らし(=人生)の主導権を自分で握ることができるのです。

そこで、この自立を叶える上で重要となるのが
“本当の私”(真の自己)に目覚め、真のパワーを取り戻すこと。

支配的・依存的な生き方によって見失ってしまっている、“本当の私”に目覚め、眠ったままの自己のパワーを取り戻し、より自由に、歓びに溢れて“私”を生きることこそが、水瓶座時代においての人生の成功を手に入れる唯一の方法なのです。

「“本当の私”に目覚め、眠ったままの自己のパワーを取り戻し、より自由に、歓びに溢れて生きる私になる
これこそが、個人のアセンションです。
※アセンションは勝手に起こると思われている方もいらっしゃるようですが、アセンションは自分で起こすものです。
意識的に、意図して自らアセンションの道を選択する以外に方法はありません。
それこそ、「誰かがなんとかしてくれる」といった依存的な思考のままでは、真のアセンションも自己実現も叶いません。

そして、人々が時代の流れに乗って“本当の私”や、これまで隠されてきた真実に目覚め、個人のアセンションが進むほどに、魚座時代の<支配・依存・自我(エゴ)>はすべて通用しなくなってゆきます。

要は、地球全体のアセンション(次元上昇)は、私たち1人1人の個人のアセンション(次元上昇)にかかっているといっても過言ではありません。
地球を真に豊かで幸福な惑星にするのは、他でもない私たち自身なのです。

では、これらの内容を踏まえて、次の記事から、いよいよ自己実現の扉を開きましょう✨✨✨

コメント