意識的であるのか無意識なのか~真の自立とは~

前の2つの記事に続き、もう少し~真の自立とは~ということに触れたいと思います。

まず、真の自立を果たすうえで理解しておく必要のあることを前回と前々回の記事で、2つ書かせていただきました。
①依存と自立とは、決して外側のカタチによるものではなく、精神の問題である。
②真の自立とは、自分の価値基準の軸を他人に置かず、「自分の人生の主導権(=選択権・決定権)を自分で握る」ことである。

そして、もうひとつ、真の自立を果たすうえで最も重要なことがあります。

それが意識と無意識です。

自分が自分の人生における選択や決定を下す時、それが意識的に行われているものなのか、無意識で行っていることなのか。
これを理解することが最も重要なのです。
過去記事をバッサリとかなり削除してしまったので、新たに当ブログをご覧になっている方には初めてかもしれませんが、
これまで読み続けてくださっている方にとっては、何度も登場してきた”カルマの解除”。

“カルマの解除”
=負のカルマパターンを解除する
=人生の悪循環を引き起こしている思考と行動のパターンを解除する
この負のカルマパターンを生み出しているのが”無意識”です。
もちろん、無意識の思考や行動のすべてが負のカルマパターンを生み出しているとは限りません。
反対に、「なんだかわからないけれどいつもうまくいく」ことは、あなたの中にある無意識がそれを生み出しているとも言えます。
が、もし今もう既に人生のすべてが「うまくいっている」と感じているのなら、おそらくこの記事を真面目に読んではいないでしょうから(笑)
ここでは、”負のカルマパターン”に着目していきますね。
負のカルマパターンを生み出しているのは、無意識による行動です。
無意識による行動は、無意識的に起こっている思考から発生します。
私たちは常に何かしらの思考(考え方)を元に行動してるのです。
そして更に深く入って行くと、思考の大元になっているものがあるのです。
それが意識の世界。
ちょっと話がややこしいですね(笑)
が、このへんの詳しいお話は7チャクラマスター講座でお伝えしておりますので、ブログ上では割愛させていただきます。
なぜ当スクールが7つのチャクラを重要視するのか?
それは、7つのチャクラは意識の世界を構築しているからです。
ひとつひとつのチャクラにはそれぞれにテーマがあり、そのテーマにおける自分の意識の状態が、チャクラの状態なのです。
チャクラに機能障害が生じていると、
思考に歪みが生じ、行動に歪みが生じ、現実に歪みが生じる。
=歪んだ人生を創造する。
この仕組みを利用して、自分自身のチャクラの状態を知り、ひとつひとつのチャクラについて理解を深めながら自分自身と向き合い、機能障害を起こしているチャクラを整え正常に機能させていくことで、意識=思考=行動を健全なものにし、自分自身で現実をより良きものに変えていく。
心身ともに健康で、精神的にも物質的にも豊かな人生を創造できる私になる
(=ほんとうの私に目覚める!)
これが当スクールの講座において行っていくことであり、
7つのチャクラをマスターする
=自分自身をマスターする
=自分の人生の主導権を自分で握る
ということになります。

チャクラの学びを通じて「ほんとうの自分」に目覚め、真に自立した人生を生きたい方は是非当スクールへお越しください。

只今、新規受講生さまの受付を一時休止しております。
2020年内に「チャクラ基礎講座」の再開講を予定しておりますので、しばらくお待ちください。