「生きづらい」のは、自分の問題~依存と自立~

「生きづらい」
私も過去、ずっとそう思いながら生きていました。
そして、生きづらいのは社会のせい、育った環境のせい、一緒に居る相手のせいetc…であるとも思っていました。

ですが、長年に及ぶ自己統合のプロセスとチャクラの学びを通じて、自分自身のあらゆるチャクラの機能障害を克服し「生きづらさ」を卒業した私が今言えること。
それは・・・
「生きづらい」のは、何のせいでも誰のせいでもなく自分の問題でしかないということ。
そして生きづらさを抱えるひとに共通することはズバリ「他人軸」であることなのです。

依存と自立ということについて、「何が依存で、何が自立なのか?」ということがよく言われますが、言葉を変えれば
他人軸=依存
自分軸=自立
というのが簡潔で明確な表現であると言えます。

要は、依存と自立は精神の問題であり、お金があるとかないとか、結婚しているとかしていないとか、1人暮らしをしているとかしていないとか、そういうことではないんですよね。

他人軸で生きている限り、「生きづらさ」から抜け出すことはできません。
そして、「生きづらさ」を何かのせい、誰かのせいにしている限り、どんなに社会や環境が変わろうとも「生きづらさ」は変わらないのです。

同じ日本に住んでいても、生きづらいと感じる人と感じない人がいます。
なら、社会のせい、世の中のせいで「生きづらい」とは言いにくいですよね。
不安定な世の中であることは、今の時代に、今の日本に生きているすべての人に当てはまります。
その中で、自分が「どう生きていくか?」によって、生きづらいと感じるか感じないかも決まってくると言えるのです。

<他人軸の人の傾向>
・人の顔色を伺う
・人の機嫌を取ろうとする
・自分1人で決められない
・他人の言動や態度で気分が左右される
・人の面倒を見るのが好き
・自分がどうしたいのかわからない
・愛されたい願望が強い
・なんでも受け容れようとする
など…

「他人軸で生きている=ほんとうの自分を生きていない」

チャクラの世界から観ると、他人軸になる理由は、第1~3チャクラの機能障害になります。
そしてこれら下位チャクラの機能障害が第4チャクラの機能障害となり、他者との関わりに置いて過度に傷付きやすい状態に陥り「生きづらさ」を感じるようになったりします。

チャクラは7つすべてが繋がり、全体として機能していますので、どれか1つに機能障害があると、他のチャクラにも影響を及ぼします。
また、特定のチャクラに執着することも、全体のバランスを崩す原因にもなります。
全体が整って繋がってはじめて「ほんとうの私」を発揮できるようになるのです。

その為、当スクールでは特定のチャクラにのみアプローチするのではなく、ひとつひとつのチャクラをしっかりと発達させながらも、全体のバランスを整えることを大切にしています。

ハッキリ言ってしまうと、日本は依存大国です。
そこから抜け出し、ほんとうの自分に目覚め、真の自立を果たすのは自分自身の問題です。
真の自立なくして、真の自己実現はありえません。

チャクラの学びを通じて「ほんとうの自分」に目覚め、真に自立した人生を生きたい方は是非当スクールへお越しください。

只今、新規受講生さまの受付を一時休止しております。
2020年内に「チャクラ基礎講座」の再開講を予定しておりますので、しばらくお待ちください。

✨✨✨✨✨✨✨✨✨
7つのチャクラを活用し“本当の私”に目覚める!
「自分で自分を癒し、自分で自分の人生の主導権を握り、自分で自分の望む人生を創造する」
当スクールは、自己統合/自己実現を叶え、真に自立して生きてゆきたい方をサポートします。
まずは、「チャクラ基礎講座」で、万物普遍の宇宙の秩序であるチャクラの基礎をマスターしましょう。
✨新規受講生、随時募集中✨

 

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、NAVERまとめ等のまとめサイトへの引用を厳禁いたします。
この記事を書いた人
YUKA

7 Awakening School*Zuci*代表/講師

▽YUKAをフォローする▽

<オススメ無料コンテンツ>

チャクラ
▽この記事をシェアする▽
▽YUKAをフォローする▽
チャクラを学ぶなら大阪の7Awakening School*Zuci*(シュチ)/自己覚醒・自己統合・自己実現・自立・願望実現をサポート

コメント