あなたは既に人生の創造主である

とても大切なことをお伝えします。
5次元世界へシフトするために最も重要なことをお伝えします。

それは・・・
あなたは今も今までも
「既に自分の人生の創造主であった」ということです。

一昨日も、昨日も
あなたは自分の人生の創造主でした。

そして今日も
あなたは自分の人生の創造主です。

今までの記事でも、こちらの記事でもお伝えしたように
5次元世界は自分のやりたいことだけやりたいようにして生きてゆける世界です。

https://zuci.jp/11456/

「好きなことだけで生きていける」
「やりたいことだけやりたいようにして生きていける」

人生の創造主はいつだって自分自身です。

もしあなたが
「好きなことだけで生きていけるなんてありえない」
「やりたいことだけやりたいようにしてうまくいくはずがない」

そう思っているのだとしたら
あなたは「そういう人生を創造している」のです。

そういう人生を自ら選択しているのです。

 

でもね、「私だって好きでこうなってるわけじゃない?」
その気持ちもめちゃくちゃわかります。
私だって望んで身体が弱かったわけじゃないし、望んで困難ばかりを経験してきたわけじゃない。

じゃあどうして「既に創造主である」なんて言えるのか?

そのカラクリが「潜在意識」や「カルマ」というものの中にあるんですよね。
私がなぜチャクラのことを皆さんに知っていただきたいか…というと、
7つのチャクラにはそれぞれにテーマがあります。

例えば、第1チャクラの関連事項は肉体や生存など…
第2チャクラの関連事項はセクシャリティと情緒など…
第3チャクラは関連事項は個人の意志や自信など…

そしてチャクラの状態が、あなたの意識と重なって各チャクラに関連するテーマの現実を創造していると観ることができるのです。

例えば、性に関することで過去に傷付いた経験があるとします。
その経験によって性に関係する第2チャクラの機能がエラーを引き起こします。
第2チャクラのエラーが長期に渡ると、第2チャクラに関連する意識に歪みが生じ、それによって歪んだ現実を創造するのです。
「女性として否定された」記憶があるとすれば、それが意識に影響し「女性として否定的」な現実を創造するといった具合に…

 

7つのチャクラが正常に機能していると、私たちは身体も心も健康で、自分の望む幸福な現実を創造することができます。
7つのチャクラがすべて正常に機能し発達した状態=自己統合
でももし、何かの原因でチャクラにエラーが生じていれば、本来の自分にとって望ましくない現実を自ら創造することになるのです。

「負のカルマパターン」というのは、各チャクラのエラーによって無意識に繰り返している自分自身の「思考」や「行動」のパターンのことです。
そしてそのパターンを創り出しているのが「潜在意識」=顕在化されていない意識。

なので、エラーを引き起こしているチャクラの状態を整えることができれば、無意識に繰り返している負のパターンから抜け出し、本当の自分の望む現実を創造することができるというわけなのです。

 

チャクラやエネルギーや意識と現実世界の繋がりについて話し出すとキリがないので、これくらいにしておきます(笑)
詳しく学びたい方はプログラムや講座を受講くださいね。

とにかく、あなたに気付いてほしいことは

あなたは「既に人生の創造主である」ということ。
今、どんな現実を生きていたとしても、それはすべてあなたの意識の産物なのだということ。

それを認め受け入れ自覚するところから、あなたの✨5次元シフト✨は始まります。

アセンションなんてないという人は、アセンションなんてない世界を創造します。
好きなことだけして生きていける世界があるという人は、好きなことだけして生きていける世界を創造します。

要は「自分は何を信じているのか?」が自分の人生を創造しているのですね。

ネガティブな現実も、ポジティブな現実も
いつだって既に自分の人生を好きに創造しているのです?✨✨✨

 

5次元シフトはいつからでも始められます。
早いも遅いもありません。
あなたが自分の人生に責任を持ち、自分が自分の人生の創造主であることを自覚し、5次元シフトを望むのならば…

*読んでいただきありがとうございます*

当スクールでは「自己統合/自己実現」を本格的に学び具現化するためのプログラムや講座を随時開催しております。

https://zuci.jp/curriculum/program/

https://zuci.jp/curriculum/chakra-course/

その他、個人セッションも行っておりますので、お役に立てるようであれば是非ご利用ください。

https://zuci.jp/salon-menu/

∞LOVE∞
YUKA