望む未来に意識を向ける~自己実現とチャクラ~

こちらの記事でチャクラについて簡単に説明させていただきました。

https://zuci.jp/11351/

https://zuci.jp/11375/

これまでもチャクラの「エネルギーブロック」とか「システムエラー」といった言葉を何度も使用してきましたが、ひとつどうしてもお伝えしておきたいことがあります。

それは、エネルギーブロックやシステムエラーがあること=悪ではないということです。
何が善で悪かということを私の基準でお伝えするならば、「本人がそれについて悩んでいるかどうか?」「問題を感じているかどうか?」
要は、本人が気にならなければ「それは問題ではない」ということです。

たとえば「肩こり」を気にしていない人にとったら、肩こりを治す必要はありません。
プロの施術者であったとしても、本人に「辛いから治したい」という意志が生まれない限り治すことはできないのです。
肩こりを持っていても特に気にならず、本人が幸福であればそれは全く問題ではありません。

それと同じように、チャクラのシステムエラーに関しても本人に何かしらの悩みや苦しみや解決したいことがない限り、それは問題視する必要はないということです。

私がチャクラの概念を利用して何がしたいのか、何を伝えたいのかと言うと
「自己実現=望む未来の具現化」です。

望む未来を具現化するために、そのプロセスにおいて発生する悩みや問題をチャクラの概念を利用してクリアにすることが可能だということ。
チャクラという概念を利用して「自己実現」の邪魔している問題を取り除き、本来の自分の能力やパワーを発揮できる状態に整える(=自己統合)ことです。

 

肩こりを持っている人でも、悩んでいる人と悩んでいない人がいます。
悩んでいる人は、悩んでいる理由が必ずあります。
それは「仕事を快適にしたいのだけれど肩こりが酷くて仕事がはかどらない。だから治したい。」であったり、「趣味のアクセサリー作りをもっと本格的にやりたいのだけれど、どうも肩こりの辛さが邪魔をして思うように作業ができない。だから治したい」

このように、なにかしら望む未来があって、それを叶えるためにその邪魔をしている問題を取り除く。
これが正しい問題解決の在り方です。

チャクラも同じ。
私は他人のチャクラの状態に興味はありません(笑)
でも、自分のチャクラのエネルギーの状態は自分で整えるようにしています。
なぜなら、そうすることで本来の自分の能力を発揮できる=自己実現の道を邁進できるから。

例えば「不安が襲ってきた!」
不安という精神状態のままで焦って何かを行ってもうまくいかないことを知っているから、不安を和らげるヒーリングなり呼吸法なりを自分で行い精神を整えてから行動する。
「思考がクリアにならないな~。余計なマインドが邪魔するな~」という時は、第6チャクラに対応した天然石をペタッと貼っておく。
これで思考がクリアになり「直感が冴えるようになる→作業がはかどる」わけです。

だからまずは、「自分がどうなりたいのか?」「何を望んでいるのか?」にしっかり意識を向ける。
そしてそこに向かって邁進していると、勝手に自分の内側に潜む問題というのが嫌でも浮き彫りになってきます。
浮き彫りになってきたときに向き合い対処すればいいというのが私の考え方。

そしてチャクラの概念というのは、決して「悪い何かを改善する」というだけでなく、「望む未来を創造する=自己実現」に大いに役立てることのできるツールであるということも、これから上手く伝えて行けたらいいなと思っています。

7つのチャクラを輝かせることであなたとあなたの人生が輝く✨✨✨

どうしてもチャクラの説明をする際に「ブロック」や「エラー」という言葉を使ってしまいがちなので、決して脅しているわけでも、あなたに何か問題があるのだと言いたいわけでもないと、誤解を招かないように書かせていただきました。

「自分で自分を癒せる」「自分が自分のマスターで在れる」
そして「自分の歓びに生きる」ことが誰かの笑顔や幸せとなる。
そんな人が増えることを願っております。

*お読みいただきありがとうございます*

当スクールでは「自己統合/自己実現」を本格的に学び具現化するためのプログラムや講座を随時開催しております。

https://zuci.jp/curriculum/program/

https://zuci.jp/curriculum/chakra-course/

その他、個人セッションも行っておりますので、お役に立てるようであれば是非ご利用ください。

https://zuci.jp/salon-menu/

∞LOVE∞
YUKA