結婚報告

と言っても、私ではありません?

自己実現プログラムの受講生第1号さんから、素敵な結婚報告をいただきました✨✨✨

昨日、彼女とお茶して散々質問しまくり根掘り葉掘り色んなことを聞かせていただきました(*´▽`*)?
彼女のお気に入りのカフェでこんな素敵なカフェモカを。


そして私の導き出した自立した男女のパートナーシップの在り方をまさにそのまま体現してくれていて「やっぱりそうだよね!」と確信させてもらえました。

でも、どうしても私はその導き出したパートナーシップの男性と女性の在り方についてはまだブログには書けない。
別にもったいぶっているわけではなく、「その人が今どの地点にいてどんな課題をクリアする必要があるのか?」によって、伝えるべきことが変わってくるから。

私の導き出したパートナーシップの男性と女性の在り方を「こうだよ」と安易に言葉にしてブログに書くことで、知識だけがインプットされてしまうと結局これまでのように「愛されるためにはこうあるべきだ」「男とはこうあるべき」「女とはこうあるべき」と自分をその型にはめようとする人が必ず出てくるから。
それこそ本質的な部分では共通していても、それが現実のカタチにおいてどうなるのかは本当に人それぞれ。
人の数だけカタチも異なる。
だからやっぱり、個別にカウンセリングなりセッションを通じて直接会話をして、その人に必要な言葉で伝えたいと思うのです。
巷に出回っているツインレイの情報も「ツインレイとはこうあるべき」という概念に振り回されている人が多い気がして、違和感しか感じない。
だから「答え」という「形」だけが独り歩きして欲しくない。
それが私の今のキモチ。

何度も言っているように、外側の情報に答えがあるのではなく、いつだって自分の内側に自分だけの答えがあるから。

ただ1つハッキリと言えることは、やっぱり女性はどんな方法を選ぶにせよ「自己統合/自己実現」に邁進することで、自分にとって幸福な人生を送るための最も相応しいパートナーに出会えるということ。

ツインレイ女性ならなおのこと、ツインレイの相手に囚われず「自己統合/自己実現」に至ってこそ、自分に最も相応しいパートナー像が見えてくるし、それが見えなきゃ真に幸福なパートナーシップを築くこともできないということ。

私のこの10数年に及ぶ巫女修行。
突然与えられたツインレイという概念との出会いと経験。
「癌」という命に関わる病の経験。
分離していた自己の統合。
日本の祖神を巡る旅。

彼女の結婚報告と彼女から聞かせてもらった結婚に至るまでの様々なお話から、私のすべての経験が何一つ無駄ではなかったのだと思わせてもらえました。

最近、母も含め私と出会ってくれた人たちが皆ますます幸せになり、私の周りに笑顔とハッピーな報告が増えてきていることが嬉しくてたまりません。
そして、なにより私自身が「結婚」というものに対して素直に「結婚おめでとう!」とポジティブな気持ちで祝福できるようになり「羨まし~。私も~✨」と言えている自分になれたことが、この約2年間を経て私に起きた大きな変化です。

2019年をこんな幸せな報告で締めくくれるなんて最高!
自分と自分の周りに笑顔が増えている現実がちゃんとある。
それが私にとってのリアルを伴う真実。

やっぱり2020年は、全ての人にとっての人生大転換期となりそうですね!

ワクワクしかしない✨✨✨
ちゃんちゃん♬

∞LOVE∞
YUKA