ペアシステムを復活させる~共同創造のためのパートナーシップ~

私がなぜ過去10年に渡り自己統合/自己実現を探求し続け、「無条件の愛」を与えられる人になりたいと願い続け、意図せずツインレイという経験や情報を与えられ、その先に日本の祖神を辿る旅をさせられたのか?

謎が解けました。

全てはペアシステムを復活させるためだったのだと。

✨ペアシステム✨
それは共同創造のためのパートナーシップ。

「無条件の愛」を与えあうのは、そのための過程に過ぎなかった。
「無条件の愛を与えたい」は「無条件の愛を与えられたい」の裏返し。
無条件の愛の与えあいは、あくまでも「自己統合」のためであり
その先に在るのは、完成した女性と完成した男性による共同創造のためのパートナーシップ。
ペアシステムの復活。

「愛を循環させ尽きぬ豊かさを創造する」
これは私がツインレイという言葉を知る前から、自分自身の信念として掲げてきたことです。
この信念を元に、母との小さな家族や自分の仕事を創造してきました。
その先にツインレイという言葉と経験を与えられ、私は求めていた「無条件の愛」の獲得により自己を統合することができました。
「個を完成させる」
これはこの10年間、私が目指してきたことです。
「個として完成した先には何があるのか?」
その問いの答えがペアシステムの復活でした。
約8年ほど前から自分の中に見ていたビジョンは、やはりここまで来ても揺らぐことはなく、ますますそれが現実味を帯びてきているのです。
どうしてもインターネット上に溢れているツインレイの情報に納得がいかない。
感じる違和感とそれがなんであるのか?という疑問とずっと向き合い続けていました。
私がなぜ未だにツインレイ女性のサポートを継続しようとしているのかというのも、このペアシステムの復活を伝える必要があるためなのだと感じ始めています。

自分自身の過去の様々なパートナーシップにおける経験からみても、ツインレイに限らず常に私の目の前に現れる男性というのは「私」を個として完成させるために自分自身が創造したホログラムであるというのが私の見解です。
なにをもってツインレイとするのか?
それについては人それぞれに解釈が異なるかもしれません。
ですが1つ言えるのは3次元的な「愛し愛される」という解釈でいる限り、「愛されること」を求めている限り、ツインレイの謎からは抜け出せないということ。
そこに居る限りツインレイの真実には辿り着けない。
これに関しては、今のところは「自己実現プログラム」を受講くださった方にのみに詳細を共有したいと感じている為、ブログに書くことはまだ控えさせていただきます。

他の方々がどうであるかはさておいて。
とにもかくにも私には次に進むべき道が見えました。
私は私の信じる道を。
そして少しづつ集まる仲間と共に、「ペアシステムの復活」のための取り組みを進めてゆきたいと思います。

もし何かしらピンとくる方がいらっしゃいましたら、是非「自己実現プログラム」にご参加ください。

https://zuci.jp/10732/

*読んでいただきありがとうございます*

当スクールでは「自己統合/自己実現」を本格的に学び具現化するためのプログラムや講座を随時開催しております。

https://zuci.jp/curriculum/program/

https://zuci.jp/curriculum/chakra-course/

その他、個人セッションも行っておりますので、お役に立てるようであれば是非ご利用ください。

https://zuci.jp/salon-menu/

∞LOVE∞
YUKA