年末年始の休業日のご案内

振り回されない強さ

自分を生きる上ですごく大事なのが
他人に振り回されない強さ

他人の言動にいちいち反応しない強さ
世間の常識や流行りの情報に振り回されない強さ

「自分はこうだ」と、はっきりした自分の意志を持つ

他人の中でもスピリットメイトは
おそらく最も振り回されると感じる相手かもしれない
嫌われたくないから
失いたくないから
相手の反応に一喜一憂し、期待通りにならなければ自分でも驚くほどに落胆し悲観してしまう。

でも何度もそれを繰り返すごとに
私たちは強くなり
何事にも動じない強固な自分の土台を創り上げてゆく。

相手の言動に振り回されることも
相手のエネルギーを感じ受け取りすぎてしまうのも
すべては自分の弱さ

自分の弱さは相手の弱さ
相手の弱さは自分の弱さ

スピリットメイトは
自分の最たる弱点を見事に炙り出してくれる
だからこそ私たちは
自己価値・自尊心を取り戻し
唯一無二の自分の人生を生き抜く真の強さを身に着けることができる。

グラウディングを強化し
下位チャクラ(第1~3)をしっかりと発達させることができれば
プロテクションは強くなるし、他者の影響は受けにくくなります。
相手のことがわかりすぎてしまうことに苦しんでいる人は
グラウディングとプロテクションを強化することで
余計な情報を遮断できるようになります。

そういう意味では
高次レベルでの繋がりが強すぎるスピリットメイトと心地よく関わることができるようになるためには
グラウディングの強化が必須であると言えます。
なんでもわかってしまうというのは、時に苦しみを生み出します。
必要な時に必要な事がわかる。
それがもっとも健全です。
エンパス体質も、自分次第で改善・コントロールができます。

自己統合が進むと
相手の言動がどうであれ
いちいち傷付いたり落ち込んだりしなくなります。
そうすると、ただ愛だけを感じることができるようになり
人間としての相手が今どうであれ
無条件の愛の安心感と信頼の中で日々を生きられるようになります。

スピリットメイトの相手は自分そのもの。
自分の半分を受け持って、今の自分に必要な力を引き出してくれる存在。
自分も知らない、本当の自分へと導いてくれる唯一無二の相手。

スピリットメイトの相手にさえ振り回されなくなれば無敵です。
他人がどうであれ自分を生きる真の強さを手に入れられるのですから。

相手が自分のままで居てくれることが最も安心する。
相手が自分のままで居てくれることで、自分も自分のままで居られる。
相手は自分だから。

自分が強く在れば、相手も強く在れる。
相手が強く在れば、自分も強く在れる。

 

やはり下位チャクラ(第1~3)の強化は、まだまだ私も含め多くの方の課題だと感じます。
スピリットメイトの相手が頼りない・弱いと感じている方は、ご自身の下位チャクラの状態と向き合ってみると良いかもしれません。
第1チャクラと第7チャクラは対になっている為、そこのバランスの取り方も重要。
第1チャクラを強化すればするほど、第7チャクラから得られるものも多くなりますし、第7チャクラから受け取ったものを具現化する力が増します。
私の感覚では、スピリットメイトはこの第1チャクラと第7チャクラの対を顕著に表しているなと感じています。
自分の第7チャクラが強くなっている時、相手は第1チャクラが強くなっていて、また逆も然りで入れ替わることもあります。
接触することで、自分の過ぎている方のエネルギーを交換しあいバランスを取りなおす。
それを繰り返して、自己統合/自己実現を促しあっているのだと理解しています。
あくまでも、私の場合は…ですが。
ここを理解できれば、正直私は必ずしもスピリットメイトとの統合のために他者からのエネルギーワークを受ける必要はなく、自分で乗り越えてゆけるものであると思っています。

自分1人ではできない魂の修練という作業を
スピリットメイトを通じてお互いにやっている。

そんなもう1人の自分に出会えたことがなによりも素晴らしい。

*感謝*

自分で学び、自分が自分のヒーラーとなり、自分が自分のマスターとなる。
そんな自立したスピリチュアルを体得したい方のためのプログラムと講座を随時行っております。

自己実現プログラム
スピリットメイト(ツインソウル・ツインレイ)は自己実現のために出会う魂。 スピリットメイトとの統合を望むのなら、女性の「自立」は必要不可欠。 ですが、この「自立」というのは決して3次元の世界で一般的に言われる「自立」とは意味が異...
自己統合のためのチャクラ講座(全7回)
今の自分の精神や肉体の状態~目の前に現れている現実は、すべてチャクラのエネルギー状態の投影。 チャクラのエネルギーをバランスすれば自らの意識や行動、目の前に現れる現実も変わる。 自己実現を叶えるための自己統合のプロセスは、このチャク...

∞LOVE∞
YUKA