「どうせ愛されてるし」の正しい使い方

「どうせ愛されてるし」
「すでに愛されてるし」

こちらの「すでに愛されてるし~運命のパートナーに出会うために」でもこのアファメーションをご紹介しましたが、使い方間違っていませんか?

私はこのアファメーションに出会った時から、めちゃくちゃ有効活用してどんどん本当に愛されている現実を体験していってるので、まさか・・・とは思っていたのですが、間違って使っている人が結構多いということに気付いてしまいました。

昨日の記事「ありのままで大丈夫じゃない」でも触れましたが、行動が伴ってこそのアファメーションであることを今一度理解していただきたいのです。

引きこもって何もしないで「すでに愛されてるし」と繰り返し続けたって現実は何も変わらない事に気付いてください。
宇宙はすべてを与えてはくれますが、何もしないでお金が目の前にポンっと現れるわけではないことはわかりますよね?

ここは地球です。
人間として私たちは現実を生きています。
スピリチュアルな知識を活かして、自分の望みを現実化してなんぼなんです。

あなたの今目の前にあることが現実です。
どんな現実でしょうか?

欲しいだけのお金がたらふくある。
恋人に愛されまくってしょうがない。
大好きな人に囲まれて幸せでしょうがない。
仕事も順調。うまくいってる。

お金もない。
恋人もいない。
仕事もうまくいかない。
身体の調子もよくない。

その現実を創っているのは他でもないあなたです。
そして、その現実はあなたの内側の反映なんです。

愛されていない現実があるのなら、あなたの内側はまだ「愛されていない」なんです。
現実を創るのはあなたの行動です。
そしてその行動によって起こる現実(結果)が、あなたの内側を見せてくれているのです。

そこまでわかれば、もうゲームの世界です。
「愛されていない」と感じる現実を経験することで、自分の行動が「愛されていない」を前提にしていると気付き、あなたの中の前提を「すでに愛されてる」に自分で設定したうえで行動する。
そうすれば、愛されている現実が現れます。
「なーんだ、やっぱり愛されていたんだ」
経験を通して「やっぱり愛されていたんだ」を何度も何度も体験することで、あなたの中の前提(思い込み)が勝手に「愛されている」に変わっていき、愛されてしかいない現実の中でどんどん幸せになっていくのです。

そうやって現実が変わってこそ、本当は元からずっとずっと「愛されていたんだ」ということに気付くのです。
愛されていないと感じていた過去の記憶でさえ、実は愛されていたことにも気付きます。
そして、この世界は「愛しかない」という真実にたどり着くのです。

あなたはちゃんと自分自身が今どの段階にいるのかわかっているはず。
そして自分が何をすべきかも自分でわかっているはず。

大丈夫。
この世界はゲームです。
今幸せじゃないあなたがダメなわけではないのです。
すっごく幸せになるために、あえて幸せじゃないを経験しているのです。
そしてゲームをひとつひとつクリアして、自分の手で幸せをつかんでいくという物語を生きることが、この地球で私たちが体験しに来たことなんです。
今まだ手に入れられていないなにかがあるからこそ、それを手に入れられる可能性を存分に秘めていて、手に入れる喜びをこれからまだまだ味わえるということなんです。

私が昔からよく言ってきたこと。
「人生はドラクエ」
何回死んでも、何回でも生き返れるんです(笑)
そして、ちゃんとハッピーなゴールが用意されているのです。

何も怖いものはありません。
不安も恐怖も幻想です。

だから思いきって飛び出してください。
外に出て、いろんな人に触れて、いろんなことをして、自分の中にある「愛されていない」を見つけて解除していってください。
自分の手で「すでに愛されてる」に変換して、現実を変えていってください。
あなたにはちゃんとそのチカラが備わっています。

次の記事で、ちょっとした私の体験をお話しさせていただきますね♡

ちゃんと愛されてるから大丈夫♡


∞LOVE∞
YUKA

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする