運命のパートナーに出会うために

真に愛し愛される運命のパートナーに出会いたい。
多くの女性がそんな出会いを求めているのではないでしょうか?
スピリチュアルな情報もかなり広まってきているため、ツインソウルやツインフレーム・ツインレイといった相手との出会いを望んでいる方もいらっしゃるかもしれません。

ここでは、真実の愛し愛されるパートナーとの出会いを望んでいる方を対象にお話を進めさせていただきますね。

あなたは運命のパートナーに出会うために、なにか努力していることはありますか?
自分磨き?ダイエット?美肌作り?
モテメイクの練習?お料理上手になること?
男性の喜ぶモテファッションの研究?

もしこういった外見や外面を向上させる努力をしているのだとしたら、今すぐにやめてください(笑)
これらはすべて運命の人を引き寄せるどころか遠ざけてしまいます。

どうでもいい男性からチヤホヤされてモテたい!のであれば、どんどんやっていただいて構わないのですが、真に愛し愛されるパートナーを望むのであればこれらは逆効果です。

運命の人を引き寄せるために必要なのは足し算ではなく引き算。
真に愛される女性は引き算が得意。
なにも足さない、ありのままの自分で輝くことこそが、真に愛される秘訣なのです。

雑誌やネット情報に溢れているモテテクなんかは商業目的のものがほとんどです。
自己価値感(自己肯定感)の低い女性ほど、そういった情報に振り回されやすく、色んなものを足そうとしてしまいがち。
私には○○が足りないからモテない・愛されないんだとか、運命の人を引き寄せるにはきっと○○が必要なんだって、出会いのために・愛されるために一生懸命いろんな努力を重ねるんですね。
だけど一向にうまくいかない。

実は私も、そんな迷子ちゃんの一人でした。
人並みに恋愛はしてきましたが、自己価値感が低いせいでせっかくうまくいくものも全部台無し。
どうしてこんなに頑張ってるのに幸せになれないの?
なにが正解?どうすれば本当に満たされるの?
私の運命の人はどこにいるの?

たくさん失敗を重ね、傷つけ傷つき、恋愛本を読んでみたり、占いやスピリチュアルなセッションを受けたりもしてきました。
でも結局、真実の相手に出会うためにお金をかける必要や恋愛マニュアルなんてものは必要ない。
そういったものをすべて捨てたのち、ツインレイ(魂の片割れ)という運命の人と出会うことができました。

私はあえてツインレイにこだわってお話はしません。
なぜなら、ツインレイかどうかなんて知らなくたって結ばれるものは結ばれるからです。
(実際私は、彼と結ばれる段階に入ってからツインレイというものを知りました。)
逆にツインレイやツインフレームなどという言葉に執着してしまうことで、本来の愛し愛されるパートナーシップというものを見失ってほしくないのです。
真に愛し愛されることに肩書なんて必要ありません。
ツインレイやツインフレームであるかどうかは本人にしかわからないこと。
気付くときは勝手に気付きます。
なのであえて、運命のパートナーという言い方をさせていただいております。

ただモテたいだけなのであれば、前述したようなモテる努力を積み重ねていただければ、それはそれで結果は出ると思います。
ですが、もしあなたが魂から満たされる真実の愛し愛される運命のパートナーに出会いたいのであれば、そういった努力を全部全部いったんやめてください。
今すぐリセット!ゼロに戻しましょう。
そして今日からこう設定してください。

「私はすでに愛されていて、ありのままの私で充分に愛される価値がある!」と。

この設定で毎日を暮らしてください。
この言葉をアファメーションとして、朝昼晩と何度も唱えてください。
普段よく目にする手帳なんかに書いておくのも効果的です。

もうすでに出会っていようと出会っていなかろうと、運命のパートナーは存在しています。
そして運命のパートナーはあなたがありのままの姿で輝くことを待ち望んでいるのです。
そのまんまのあなたでなきゃ嫌なんです。

これから少しづつ、みなさまが真に愛し愛される運命のパートナーに出会えるように、「ありのままで輝く私」になる実践テクニックをご紹介してゆきます。

まずは先ほど申し上げましたように
①いままでの努力を一旦すべてやめてゼロに戻る。
②「私はすでに愛されていて、ありのままの私で充分に愛される価値がある!」
これをアファメーションとして唱える。手帳に書く。

ここから始めましょう。

さあ、今日からあなたは「愛されない古い自分」を卒業し、「ありのままで愛される価値のある私」の扉を開きました!
愛に溢れる人生の幕開けです。

もうがんばらなくてだいじょうぶ。

がんばらなくても愛される。
がんばらないほうが愛される。

∞LOVE∞
YUKA

コメントも大歓迎です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする