ツインレイに出会いたい

ツインレイに出会いたいという想い
唯一無二のパートナーに出会いたいという切なる願い

あなたがそれを望むなら
きっといつか叶う

私はある時からずっとツインとの出会いを望んでいました。
当時はツインレイという言葉を知りませんでしたが、とにかく真実のパートナーに出会いたいと。

それを当時仲の良かった友人に話したところ、
「私はそんなんどうでもいいわ~。好きならそれでいい。」と言われました。

きっと出会わない人は望みもしない。
出会う可能性を持っているからこそ、出会いたいと願うんだと思うんです。

私も、真実の相手を望むようになるまでは普通の恋愛を人並みにしてきました。
ただどれもうまくいかず、心から幸せだと思えたことがありませんでした。
そんなこともあって、ツインレイの相手と再会する直前までの数年間は男性とのお付き合いもせずひとりで好きなように自由に生きるという選択をしていました。

私は一般的に言われている分離後の再会までツインレイという言葉も知らず、離れ離れになっている間をサイレント期間だなんて認識もしていなかったし、チェイサーやランナーという自覚もないし、彼とのことでいうほど苦しい思いをすることもほとんどありませんでした。
ただただ自分と向き合いアセンションの道のりをひたすらにひとりで歩み続けていました。

そして、「真実のパートナーという存在に出会えないなら、もう私はひとりで生きていく。」という覚悟をした矢先、自分の中でもしかすると彼がそうなんじゃないか?と思っていた人からの数年ぶりの連絡で再開し、会った瞬間にツインであることを認識しました。

そこからは急加速で統合の道を進んでいます。

出会う流れや経験するカタチ、感じ方は本当に十人十色。
ひとりひとりみんな違う。
だから私は、あまり自分の現実における経験を話そうとは思いません。
それがまた余計な概念を産み出してしまうことになるのが嫌だから。
そして、ツインレイという言葉を知らなくてもツインレイと出会い共に生きてる人だっている。

ツインじゃない人とだって、幸せに生きていくこともできる。
そういう恋愛や結婚を選択することも、その人の自由。
ただ、今世でツインと出会う設定をして生まれてきている人は、どんなにかき消そうとしてもツインを望む気持ちをあきらめきれないと思うんです。

どうしてもツインに出会いたい。
その想いを否定しなくていい。
誰にわかってもらえなくても、自分の素直な気持ちを大事にしてほしいと思います。

答えはすべて自分の中に。

そしてツインと出会うためにも
徹底的に自分を大切に
自分の信じる道を生きてください。

ツインにすでに出会っていようと
まだ出会っていなくとも
幸せの道はただひとつ。
「自分を生きる。」
ただそれだけです。

私たちは存在しているだけで愛そのもの。
いつだって無条件に愛されている。

∞LOVE∞
YUKA

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする