ツインレイ女性に課せられた課題

ツインレイが覚醒の道であることは、こちらの記事でお伝えさせていただきました。
そしてツインレイの場合、先に女性側の覚醒が求められます。

これに関してなぜ女性が先なのか?ということについては、こちらの記事で触れています。

ツインレイの道は、ただの恋愛物語ではない覚醒のためのプログラム。
そのため、彼に愛されることに対する不安や恐怖だけでなく、すべての物事に対する不安と恐怖を完全に手放すことが求められるのです。
人間関係・仕事・お金など、人生におけるありとあらゆるものに対する執着の手放し。
あくまでも私自身の経験からの考察でしかないので、手放すレベルも手放すべき物事も人それぞれであるのかもしれません。
ですが覚醒の道である以上、やはりすべてに対する執着の手放しが起こるのだと思うのです。
それはサイレント期間中だけでなく、再会してからの統合過程でも、お互いを通して起こっていきます。

ツインレイに起こりがちな事象として、彼と連絡が取れたり会えたりして天国のような幸せな気分になったとたんに、地獄に突き落とされるというパターンがあります。
結構これにうんざりしている方も多いようです。
私も何度もありました(笑)

これは2人の愛が最高潮に達する=光が増大し、お互いに自分の中にまだある闇を浮き出しあうことによって起こるのだと私は考えます。
光が強くなると、同じだけ闇も明らかになります。
そうやって、徹底的に根こそぎ浄化しあう。
それを繰り返すことで、2人の愛(光)がどんどん拡大していく。
2人の拡大した愛(光)は、ただ2人が存在するだけで周りに影響を及ぼすほどにまでになってゆきます。

とんでもなく強力なヒーリング&アクティベーションをお互いにやっているのだという事です。
本当に嫌になるほど何度も地獄に突き落とされます。

でもこれってすごいこと。
誰にでも経験できることじゃない。
お互いが覚醒し「I am …」に目覚めるまで、とことん何度も死ぬしかない(笑)
でも、そのおかげで不死身になれる。
この世には恐れるものはなにもなく、失うものもなにもなく、愛しかないのだと心の底から思える・・・というか思い出す。

絶対になにがあっても宇宙のサポートが入って幸せにしかなれないことを、宇宙がツインレイの女性に徹底的に知らしめようとしているんです。
どう?無敵でしょ(笑)

どうあがいても幸せにしかなれないこと
宇宙がすべてを与えてくれること
宇宙に愛されまくってるということ
本当に好きなことを好きなように、やりたいことをやりたいようにだけして生きる。

すべての結果を完全に宇宙に委ねる
徹底的に降参する。降伏する
徹底的に自分のまま、素直に正直に生きる

これがツインレイの女性に課せられた課題。

ありとあらゆるコントロールを手放し
心の底からすべての物事に対し
なるようになる
ぜんぶうまくいく
幸せにしかなれない
それに降参するしかない。

ツインレイ女性は徹底的に自由であることを、ある意味宇宙から許可されているとも言えます。
あとは、自分が自分に対して「自由でいていい、愛されていい、幸せになっていい」と許可するだけ。

こんなことしたら、これを失ったら、こんなことになるんじゃないかという恐怖を一切捨ててしまう。
なんにもなくなるくらいすべてを捨てても幸せにしかなれないと思えるくらいに、ありとあらゆるものに対する執着を手放させられる。
そのために、地獄のような苦しみが何度も襲ってくる。
ただ、それは浄化でしかないから徹底的にそれを感じきって体験しきるしかない。
でも、そのあとは執着が外れて嘘みたいに身体と心が軽くなっていく。

「私はこんなにも自由なのだ」と。

ツインレイの浄化が強烈なのは、個人の人間として持っているカルマだけでなく人類が受け継いできたカルマを浄化するというお役目があるため、自分ではコントロールできない部分が多いんですよね。
ツインレイって、本人たちは気付いていなくとも本当にすごいお役目をかってでた魂。
地球に真実の愛をもたらすために生まれてきた、地球を救いにきた魂なんです。
だからどれだけ過酷でも乗り越えられてしまう。
その分、絶対に幸せにならなきゃいけない人たちで宇宙が徹底的にサポートしているのです。
ツインレイの女性は完全に宇宙に愛されて守られています。

ただひとつ・・・
宇宙は個人的な都合は一切聞いてくれません。
お構いなしです。
宇宙のなすがまま。
だから委ねるしかない、明け渡すしかないのです。

でもその分、乗り越えた先にはとてつもない歓びが待っています。
本当に幸せでしかない未来が待っています。

唯一無二の魂の伴侶との、夢にまでみた愛し愛される世界が。

だいじょうぶ。
ぜんぶうまくいくよ♡

∞LOVE∞
YUKA

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする