ツインレイ~覚醒の道~

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

宇宙と繋がるとは、宇宙意識と繋がること。
宇宙とは、外側にあるのではなく
自分の内側奥深くにある。

そこにどんどん入っていくと
ある時Tシャツの表裏がひっくり返るように
自分の内側の宇宙がグルンっとひっくり返る。

その時、この世界はマトリックスであり
自分の内側の現われであったことを知る。
この世界を創造していたのは自分だったのだと気付く。

自分が誰だったのかに気付く。
「I am ×××」

自らが自らの現実の創造主であったことに気付く。
「I am ×××」

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

ツインレイの相手は、それに目覚めさせるためにあなた自身が用意した人。
相手を通して自分を知る。
だから「あなたは私で、私はあなた」

彼を変えたければ自分を変えるしかない。
あなたが変わったとき、彼という現実が変わる。

その体験を通じて、今まで抱いていた不安や恐怖はすべて幻想であったと知る。

そこで、自分の世界は自分で好きに創り変えられることに気付く。
真実は自分で選べると知る。
自分が自分のマスターになる。
そして、新しい愛の世界を創造する女神へと覚醒するのである。

この一連からもわかるように、結局はどこまでも自分しかいない。
相手はいるけどいない。いないけどいる。
だから結局、自分を生きるしかない。

そして自らが覚醒した時、不安や恐怖を映し出すミラーとなる相手はいなくなり、ひとりの人間としての彼と私に戻る。
もう彼に私は映らない。
そうなれば、愛されてしかいない世界で自分を存分に生きつつ、男と女を楽しむ。
愛に目覚めた神・女神として豊かさに溢れた人生を謳歌するだけ。

これがツインレイがただの恋愛ではないといわれる所以。
この覚醒の道こそが、ツインレイプログラムの醍醐味なのです♡

以上のことから、この一連をたどらない相手は、ただ自分が勝手にツインレイだと思い込んでいる可能性が高く、また会ったこともない人や肉体を持っていない存在がツインレイの相手であることはまずないと考えられるのではないかな?というのが私の考察です。

参考になれば幸いです。

∞LOVE∞
YUKA

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする