ブログ閲覧の「完全会員制」へ移行のお知らせ

当サイトのブログは、完全会員制となっております。
記事の閲覧には、会員登録が必要となります。
(一部過去記事は未会員でも閲覧可能)
こちらよりご登録をお願いいたします。

会員登録

人生はすべて自分次第

 

人生はすべて「自己責任」であることは、こちらの記事でもお伝えしました。
でも私は、「自己責任」よりも「自分次第」という言葉の方がしっくりくるなと思いました。

もちろん「自己責任」ではあるのだけれど、そう言ってしまうとなんでもかんでも起こる出来事すべてが「自分の責任」(=自分のせい)という重たい捉え方をしてしまうイメージがわいて、それはちょっと違うなと。

 

「思考は現実化する」とか「願ったことを引き寄せる」とか、今までスピリチュアルな世界でいわれてきたことが様々ありますが、実際自分が色々経験してきた上で、正直「そうとも言えるしそうでないとも言える」というのが私のたどり着いた答えです。

すべての物事に対してその視点から見てしまうと、一見悪いように思える出来事が起こったときに、これも「自分のせいなんだ」と何か悪いことを考えてしまった結果であると捉えてしまう可能性があるのです。
(実際私もそういう時期があったし、そうなってしまっている人も沢山見てきました。)

 

例えば自然災害や事故、病気など。
人生で起こる出来事には、どれだけ自分で努力したってどうにもならない不可抗力な出来事というものが存在します。

生まれてきた子供がもし障害や病気を持っていたとしたら…
それは自分のせいなのでしょうか?
そんなわけがありません。
自分が何か悪いことを考えてしまったから、子供が障害や病気を持ってしまった。
そんな考えはナンセンスすぎます。

震災にあった人たちは、なにか悪いことをしたのでしょうか?
違いますよね。
不可抗力の事態でしかありません。

 

起こることはすべて起こる。
ただし、必要だからそれが起こっている。
(そして逆に言えば、必要のないことは起こりません)

 

私たちに起こる出来事をコントロールすることはできません。
それらをコントロールできるのは大いなる宇宙のみであり、宇宙は私たち以上にありとあらゆることを知っていて、必要な出来事を私たちにとってそれが必要だから与えるのです。

私たちにコントロールできるのは「自分」だけ。
起こる出来事に対して、どのように捉え対処していくか。
その捉え方、対処の仕方が、その後の結果として現実に現れてくるのです。
そういう意味で、自分の人生をどんなものにしていくかは「自己責任」です。
そして捉え方や対処の仕方は「自分次第」でいくらでも変えてゆける。
自分次第で起こる出来事をプラスの経験にもマイナスの経験にもすることができるというわけなのです。

 

私は今、病院にいます。
だけどパジャマなんかやめて、お気に入りの部屋着を着て、イヤホンで好きな音楽を聴いて、朝食についてくる豆乳を温め持参したスタバのタンブラーにチャイティーラテを作って、それを飲みながら談話室でこうやってパソコンでブログを書いています。
普段のスタバや自宅で作業をしている私と何にも変わっていません。
病院にいる気さえしていません。
場所がどこであろうと、自分次第でいくらでも状況をアレンジすることは可能なのです。

 

状況に対して不平不満を言い続けるのも、悲劇のヒロインに浸り続けるのも、ピンチをチャンスに変えるのも、結局はすべて起こる出来事に対する「捉え方」であり自分次第。
場所や環境がどうであろうと、「今ココ」で出来ることは自分次第で無限にあるのです。

 

「病気になった私かわいそう」
そんなことは初めから一切思っていません。
(ブログ会員様には限定記事にて一部始終をお伝えしていますが、今回私に見つかった病は過労とか不摂生が祟ったとかそういうものではなく、自分でどうすることもできない不可抗力の事態です。)

 

私は今、とてつもなく貴重でありがたい経験をしている。
誰でもできるものではない貴重な経験だからこそ、
そこから何を学び取れるのだろう?
私はどんな風に成長できるのだろう?
どんな素敵な人間に生まれ変われるのだろう?
そしてこの経験が、今後どのように活かされていくのだろう?

すべては最善だと知っているからこそ、私はこの状況をいかにプラスに変えていくかという思考しか働いていないのです。
その結果、私にはよい変化しか起きていません。

そして数年後には、心からこの経験があって本当に私はラッキーだった。
そう思えるような新たな自分と新たな人生をここから更に創造してゆきたいと、すでに新しい道を歩き始めています。

 

私たちは、起こっていない出来事に対しては何もすることができません。
「今ココ」で起こっていることにのみ、アクションすることが可能です。
そのアクション次第で現実はあらゆる方向に展開していく。
そのアクションを起こす自分が「ワクワク」や「愛」であれば、「ワクワク」や「愛」の現実を自分の手で創造してゆくことができるのです。

「すべては最善」だと本気で思えたなら、思考はそっちにしか回転しなくなり、どんな状況でもすべてを最善に変える魔法を自分で使えるようになります。
最善を創造するのも結局は自分自身であり自分次第。
そして「今ココ」で「今この瞬間」、すべてをワクワクに変えることだって可能なのです。

 

人間の脳のパワーをあなどっちゃいけない。
そして脳は自分次第でいくらでも開発できます。
潜在能力は自分の脳にあって、脳を目覚めさせれば目覚めさせるほどに使える魔法は増えていきます。
実際スピリチュアルな覚醒というのは、脳で起こっていることなのです。

そして逆境こそが、脳をフル稼働させて限界を突き破り、さらに目覚めを引き起こす引き金となります。
今までに経験したことのない事に挑むからこそ、人はより成長できる。
そうやって私たちは覚醒レベルを高め進化していくのです。

だから何もしないで覚醒は起こらないし、何も起こらずして覚醒はありえません。
瞑想やスピリチュアルワークばかりしていたって、現実で活かして行動していかなければ正直何も変わりません。
(もちろん動かずじっとしている時期も大切です。でもいずれは動かなければならない時がやってきます。インプットする時期とアウトプットする時期は交互に繰り返しやってきます。)

 

ツインレイのことも然り、ただぼーっと何もしないで待っていたって、なにも起こらないしなにも訪れないのです。
情報ばかりをあさって知識だけを身に着けて、ただ相手が何かしてくれるのを、何かが起こるのを待っているだけではいつまでたってもなにも起こりません。
だから私は「実践」するためのミッションやクリアすべき「課題」をお伝えしているのです。

 

人生がカンタンに順風満帆で、すべてが思い通りになって何の問題もなくうまくいくようなものなら、私たちには成長も意識の変化も覚醒も起こりません。
自ら進んで覚醒を目指す者にほど、困難や試練は与えられます。
ただそれも、すべては魂の望む最高に幸せな人生のためであり宇宙の愛であることを理解していれば、問題は問題でなく、困難は困難でなく、試練は試練でなくなります。

 

それらをどう乗り越えるか。

結局すべては自分次第。

ツインレイとの出会いは、あくまでも神の世界への「招待状」に過ぎません。
ただ、それを受け取って宇宙のプログラムに参加するかしないかも自分次第で選択が可能なのです。
そして果敢に挑んだものだけが、その先の扉を開くことができる。

自分自身の経験と、ブログ会員様やカウンセリングやプログラムを受けてくださった方のお話からも、私はそう感じています。

 

何も変わらないと思うのなら、変わるべきはあなた自身なのかもしれません。

 

∞LOVE∞
YUKA

コメント