ブログ閲覧の「完全会員制」へ移行のお知らせ

当サイトのブログは、完全会員制となっております。
記事の閲覧には、会員登録が必要となります。
(一部過去記事は未会員でも閲覧可能)
こちらよりご登録をお願いいたします。

会員登録

はじめてのあずきアイピロー~Zuci Handicraft誕生秘話③~

約2年前まで、あずきアイピローの存在すら知らなかった私。
ネットサーフィンをして見つけたあずきアイピローというものを自分で作ってみたくなり、早速生地を買いに手芸店に足を運びました。
※あずきアイピローとの出会いの経緯についてはこちらをご覧ください。
あずきアイピローとの出会い~Zuci Handicraft誕生秘話~

今だから言えることなのですが・・・

あずきアイピローを手作りするまで、私は10年以上ミシンを触ったことがありませんでした(汗)
子供の頃から編み物なんかは好きで手先は器用な方ではありましたが、実はミシンがすっごく苦手でどちらかというと嫌いなほう。
自宅にあったミシンを引っ張り出してきて、長年使っていなかったため調子が悪くミシンやさんにメンテナンスに出すところから始まりました。

久しぶりすぎるミシン作業にひとつひとつ確認しながらなんとかアイピローが完成。
(大きいし重いし下手くそもいいところで、写真が残ってないのが残念です 笑)

電子レンジで温めて使ってみたところ、その気持ちよさと心地よさに感激!
「これ!私が求めてたもの!」

すぐにピンときて、母にも使用してもらったところ大喜び。
サロン施術の際に使ってみようと思い、お客様用に制作する段階でちょうどよいサイズや重さを試行錯誤し、今のZuci Handicraftのあずきアイピローの規格が決まりました。

お客様もあずきアイピローを大変気に入ってくださり、これを自分の身近なお世話になっている方にプレゼントしたい。お客様にもご自宅で使っていただけるようにしたい。
そしてなにより私自身がもっと可愛いアイピローが欲しい!と思ったことから、現在の可愛くておしゃれなあずきアイピローが誕生しました。
(実はあずきアイピローの販売を開始した当初はリバティというものすら知らず、しばらくしてからLIBERTY社のタナローン生地と出会いました。)


※初めて販売用に制作したあずきアイピロー※

 

今でこそミシン作業が楽しいと思えますが、もともとは苦手で嫌いだったこと。
生地選びは、それはもう楽しくて手芸屋さんでいつもウキウキワクワク。
ですが、最初はアイピローのカバーを1つ作るのにミシン作業だけで1時間もかかってヘトヘトになっていました。
決して好きではなかった作業ですが、「ただただ可愛いアイピローが作りたい!」その一心で一生懸命なんどもなんども練習を繰り返して、自分が納得いくまでやっただけのことなんですよね。
それが今となっては「好き」と言えるようになりました。
お客様にも「既製品のように丁寧」と仰っていただけて、頑張った甲斐があったと本当に嬉しい限りです。

 

「好きなことをして生きていく」と言っても、はじめから自分の「好き」をわかっている人ってほとんどいないと思うんです。
それよりも「やってみたい」という気持ちの方がきっと大切な気がしていて、やってみてはじめて「好き」かどうかがわかるのかなと。
(「やりたい」=「好き」とは限らないことも沢山ありますしね。)
なので、「好きなことをして生きていきたい」のなら、どんな小さなことであったとしても自分の中にある「やってみたい」という気持ちを大切にして、是非ひとつひとつを行動に移してみてほしいと思います。

 

今回は、私のちょっとした(かなりの!?)カミングアウトなお話でした(笑)

 

読んでいただきありがとうございます。

∞LOVE∞
YUKA

コメント