ブログ閲覧の「完全会員制」へ移行のお知らせ

当サイトのブログは、完全会員制となっております。
記事の閲覧には、会員登録が必要となります。
(一部過去記事は未会員でも閲覧可能)
こちらよりご登録をお願いいたします。

会員登録

ツインレイ女性の課題~女性としての価値~

こちらの記事で第2チャクラについて、こちらの記事で第3チャクラについてお話しさせていただきました。

各チャクラはすべて連動しているため、どこかにシステムエラーが生じると他のチャクラにも影響を及ぼします。

 

ツインレイ女性の傾向としてみられるものに、自己価値観の低さ自分の性に対する意識の低さがあります。

これらは、女性性と男性性のアンバランスの原因と同じように幼少期の家庭環境に問題があり無条件の愛を充分に与えられなかったために起こることでもあり、また日本人全体に見られる傾向でもあるとも言えます。

 

男性優位の社会で生きづらさを感じてきた女性。
女性であるにも関わらず、自らの性を尊重できずに男性のように振舞って生きざるをえなかった現実。
女性が男性の性的な道具であるかのような表現や扱い。

 

これらによって女性は自らの性が抑圧され、大きな傷を負ってきました。
こういった問題を解放することは、ツインレイの大きな大きな課題であると私は考えています。

 

男女平等。対等。
でも果たしてそうなのかな?と私は思います。
もちろん男であろうと女であろうと同じ命として価値は同じ。
でも男性が女性のように生きられないように、女性も男性と同じようには生きられません。
それぞれに特異なことがあり、それぞれに苦手なことがあります。
それが男女の役割なのです。
だからなんでもかんでも同じようにすることはできないのです。

女性には女性の素晴らしさがある。
男性には男性の素晴らしさがある。

そして特に女性の方が、女性としての価値をもっと知る必要があると思うのです。

 

男性の方が基本的には自分勝手です。
甘やかすと自惚れます。調子に乗ります。
言われなきゃ自分から気遣いなんてできません。
女性は他者を思いやることに長けているため、自己価値が低いとパワー(主導権)を相手に譲ってしまいやすいのです。

 

ツインレイの女性はわがままでいい、自分勝手でいいとよく言われますがその通りで、自分のことを最優先に考える癖を持つことが必要です。

 

SEXにおいて主にリスクを伴うのは女性です。
子宮頸がんは性行為において感染する病気です。
そのリスクを負う側であることを理解していますか?
その性行為の主導権を男性に明け渡してしまうことが、女性の価値を落としていることに気付いていますか?
もちろん女性だってSEXしたい。
でも、本当に相手の男性が自分の身体を許すに値する人であるのかをきちんと見極めるべきであるということ。
またそれが愛するパートナーだったとしても、ちゃんと自分のことを大切にしてくれていると感じられているか?満足するだけのケアをしてくれているか?きちんと女性側の意志を尊重してくれているか?
そしてそう感じることができないとき、その気持ちを男性に伝えることができているか?伝えられる関係性を築けているか?をちゃんと考えてほしいのです。

 

男性の方がこういった意識は低いというか、考えもしない人の方が多いでしょう。
だからこそ女性側がきちんと自分の身体を大切にし、自分のことは自分で守り、自分の女性としての価値を最大に尊重しなければいけないのです。
そして必要なときには、きちんと男性に伝えられる人でなければいけません。

自分を大切にできない人を、誰が大切にしてくれるでしょうか?
自分に価値を感じていない人のことを、誰が価値ある存在だと感じてくれるでしょうか?

 

私はこういう女なんです。

そう自信をもって言えるようになること。
そしてそれでも愛してくれる人と一緒になること。

「イヤならべつに結構です( `ー´)ノ」
そう凛としていられる女性であってほしい。

 

女性は宇宙に守られています。
ちゃんとすべて与えられます。
ちゃんとすべて叶います。
心配いらないんです。

だから自分の素直な気持ちを大切に、女性としての自分に自信をもって生きてほしいと思います。

 

自己価値感を高めること。
女性としての自分の価値をもっと知ること。
第2チャクラと第3チャクラの連動したツインレイ女性に課せられたテーマです。

もっと素直に。
もっとわがままに。
男性の好き勝手にはさせないこと。
そして徹底的に自分を大切に扱うこと。

あなたはあなたのままで完全で完璧です。
あなたの幸せは完全に保証されています。

∞LOVE∞
YUKA

 

より詳しくチャクラについて学びたい
チャクラを癒し活性化する方法を習得したいという方のための
<チャクラ覚醒プログラム>

コメント