女性にとっての真の自立とは

「自分の人生の責任を他者に委ねないこと」
「自分の人生の責任は自分でとる覚悟で生きる」

これが女性にとっての真の自立です。

決して、ひとりで生きていくことや経済的な自立が真の自立なのではありません。
真の自立とは、そういった外側の問題ではなく、内側の問題なのです。

自分の強さも弱さも、ありのままの自分を認め
自分の好みや意見を持ち
他人に振り回されたり流されたりすることなく
また他人のせいにするようなこともなく
自分の身に起こることはすべて自分の選択の結果であることを受け容れ
自分の人生の主導権を自分で握ることこそが
「女性の真の自立」なのです。

真の自立ののち、パートナーを持たずひとりで生きていく選択をする人もいるでしょう。
経済的な自立をする人もいるかもしれません。
ですがそれらはあくまで後からついてくることであって、まずは内側の自立が先なのです。

真の自立を果たしたうえで、誰かとともに生きていく選択、結婚して経済的に養ってもらう選択をすることもあっていいのです。
「自分がそうしたいからそうする。」
そうはっきりと言えるのなら、なにを選択したってかまわないのです。

現実の形は人それぞれ。
なにが正解かは自分で決めればいいのです。
誰かと同じでなくていい。
自分がどうしたいのか?どう在りたいのか?
誰になんといわれようと、自分にとっての幸せの形は自分で決めるのです。
自分の幸せにしっかりと責任を持ってあげる。
ブレない自分軸を確立する。

これが本当の意味での自立。

真の自立を果たした女性は、自信と魅力に溢れ
ありのままの自分ですべてがうまくいく人生を生きてゆくことができるようになります。
「ありのままの自分で無条件に愛されている」ことを、夢や理想ではなく、現実を通して経験してゆくためにも、自分のすべてを徹底的に許し受け容れ、たっぷりと愛してあげましょう。

あなたはあなたのままで完全で完璧です。

私たちは存在しているだけで愛そのもの。
いつだって無条件に愛されている。

∞LOVE∞
YUKA

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする